menu

  • ボウズのがれ

Athlete Cup アスリートカップ

アスリートカップ2015 WEST大会 報告

日時 : 6月20日(土)

場所 : 京都府久美浜町葛野浜

参加者 : 一般198名 ジュニア8名

報告者 : 吉井

今年もやってきました。夏、キス、アスリートカップの季節です。まずはWEST(関西)大会が葛野浜で開催されました。

前日に状況確認のため、少し試し釣りをすると型が12cm前後と例年より小さい。数も昨年よりは圧倒的に少なく、ポツポツは当たる感じ。200名前後の選手が入り、プレッシャーが高くなると全体的な釣果が心配になります。

大会当日、前日のベタナギとは打って変わって、ウネリの影響で少し波っ気が出ています。釣り辛い選手もいるとは思いますが、オモリをたくさん投げ込む事でのプレッシャーが薄れ、喰う時間帯が長くなり、釣果が上がるのではとの期待も持てます。しかし、場所によっては波で切れた海藻がラインにカラミ、釣りにならない選手も見られ、場所移動するケースも多数みられました。

苦戦する選手が多数いる中、田中義一さんは匹数ではダントツの60匹を釣られ、重量では2番手の666g、合計1266ポイントで見事優勝を勝ち取られました。この厳しい状況で60匹の釣果は驚異的な数字とあらためて、その技術の高さを痛感いたしました。鈎はアスリートキス(ケイムラ)の4号と5号を使用され、少し濁りが出ていただけにケイムラ効果があったのかもしれませんね。優勝者のコメントではこの勢いでクライマックスも優勝を狙いたいと意気込みを見せられていました。

また、ジュニアセクションでは蟻馬 優作君が10匹、重量195g 合計295ポイントと大人顔負けの成績で見事、優勝されました。本当におめでとうございます。

最後には恒例のテスター:中本 嗣道氏による盛大な抽選会も開催され、大会は大いに盛り上がりました。

最後になりますが、この度ご参加いただきました選手の皆様、本当に有難うございました。

順位 ゼッケンNo. 氏名 重量 匹数 合計 クライマックス出場権
優勝 221 田中 義一 666 60 1266
準優勝 3 瓜生 浩二 692 43 1122
3位 115 岡野 宣也 574 36 934
4位 178 永田 純一 485 44 925
5位 171 岡野 英夫 381 29 671
6位 43 山田 直樹 314 32 634
7位 79 窪田 幸三 377 20 577
8位 12 吉浜 朝義 272 30 572
9位 229 谷 弘志朗 392 18 572
10位 205 川上 昭一 332 17 502
11位 219 杉山 卓也 250 25 500
12位 89 谷口 和弘 228 25 478
13位 202 米山 秀一 261 21 471
14位 78 大杉 茂樹 216 25 466
14位 114 木谷 真一 216 25 466
16位 227 上田 博 212 25 462
17位 195 中本 隆 194 26 454
18位 118 藤岡 克典 281 16 441
19位 230 森 健治 219 21 429
20位 6 小池 学 229 19 419
21位 110 松尾 幸浩 246 17 416
22位 162 ○斉藤 絵美 192 21 402
23位 149 原﨑 勧 222 18 402
24位 36 河辺 太一 227 17 397
25位 24 長谷 耕二 237 16 397
26位 75 三村 哲司 246 15 396
27位 120 奥村 直人 189 20 389
28位 124 原田 勇☆ 205 17 375
29位 107 村山 隆 179 19 369
30位 127 登立 博史 194 17 364
レディース賞 162 ○斉藤 絵美 192 21 402
キス大物賞 3 瓜生 浩二 キス 24.2㎝
他魚大物賞 83 竹田 剛 トビウオ 34.2cm

ジュニアセクション

順位 ゼッケンNo. 氏名 重量 匹数 合計
優勝 291 蟻馬 優作 195 10 295
準優勝 294 乾 亜留斗 111 8 191
3位 299 岡﨑 優樹 130 3 160