• ボウズのがれ

STAFF REPORT 営業マンレポート

Vol.3 徳島 水天丸カワハギ釣行

2015.02.10UP

日時 : 1月20日

場所 : 水天丸(http://ameblo.jp/suitenmaru/)

仕掛 : アスリートカワハギシリーズ

釣果 : カワハギ18~23cm 約65匹

釣行者 : 脇田、宇田、吉井

後輩の宇田君が昨年の当社のカワハギ大会以降、カワハギにプチはまり。お客さんにカワハギの話をする中で最近、徳島が熱いとの情報を入手し、早速予定を入れ釣行。 今回お邪魔させていただいたのは水天丸様。数年前からカワハギ船を始められ、その他にジギングやのませ、落とし込み等いろいろな釣りを提供してくれている。船長も非常に気さくで丁寧なアナウンスと、とても気持ちよく釣りを楽しませてくれます。 肝心な釣果はというとやはり熱いとの情報だけあって、喰いはかなり良い。しかし、エサ取りの名人のカワハギとあって、攻略には大苦戦。たまにアタリを取れるもののアワセのタイミングが分からずスカアワセの連発。私が苦戦する中、宇田君はコツを完全につかみパンパンと掛けてくる。さすがブラックバスで鍛えた感覚がここでも活きるのか?晩御飯を掛けた2時間勝負でも宇田君は完全にダントツの釣果で余裕の勝利。後は私と脇田君だがデットヒートをした結果、同点となり、サドンデス勝負で私が負け、皆さんにご馳走する事に。(先輩なので結果的に良かったと自分を慰めます。) その後は脇田君もコツをつかみ徐々に数を伸ばす中、僕はコツをつかめないまま大苦戦。結局、最後までこれといったコツはつかめず納竿となってしまい悔しい釣行となりましたが、腕の差がしっかりとでるこの釣りの奥深さを再確認させていただき、とてもよい一日をなりました。釣れない私でも12匹の釣果でトップの宇田君が30匹ぐらい、脇田君が20匹ぐらいで魚は十分に後から楽しめる程度は釣れます。鍋が最高の季節だけに有難い釣果となりますよ。 是非とも一度、カワハギと勝負してはいかがですか?
  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006