menu

  • ボウズのがれ

STAFF REPORT 営業マンレポート

Vol.17 長谷大池 ワカサギ②

2015.10.23UP

日時 : 平成27年10月22日(木)

場所 : 兵庫県丹波市春日町 長谷大池

仕掛 : C-237ドーム・屋形の鬼、C-232ワカサギ激渋 各①号

釣果 : 5~8cm 計81尾

釣行者 : 難波

報告者 : 難波

先日に続いて長谷大池のワカサギ釣りに行ってきました。やや出発が遅れ、開始はam7:00。依然水温が高いせいか情報ではやや魚が浮いているとの事で、紅サシエサで素直にその通りに仕掛を落とします。すると前回は開始後しばらくアタリがありませんでしたが今回は割とすんなり1尾目をGET。その後も2連までながらコンスタントに上がってきました。中にはフォール途中で喰ってくる場合もありいい雰囲気です。今日はいいんじゃないの?

ところが9時を過ぎたあたりから少しずつアタリが少なくなってきました。少し場所を変えてまた幾つか追加、という事を2度ほど繰り返し11時くらいになってやや早めの昼食とします。日中はポカポカ陽気との予報でしたが、空はどんよりし風も強まってきました。その辺りを事務所で聞くと『それくらいの方がええんや! 突風さえ吹かなければな!』との事。これ以上風が強まる事が無いよう願いながら再開。ところが・・・

その後風は更に強まり足場の桟橋もギシギシギシ!と鳴きまくるようになりました。急な横風も吹き出し、これって突風ですよね。アタリもめっきり減って時間だけが過ぎて行きます。こんな事なら早目の昼食など取らず、まだ釣果があった午前中にもう少し粘ればヨカッタ・・・といっても後悔先に立たず。仕掛を変えたり釣座を移動したり、与えられた条件でやるしかないのです。

群れが小さいのかたまに底付近で小さいアタリがあります。それらを何とか拾って僅かながら上乗せ。結構粘ったのですがその後劇的な回復は見られず納竿となりました。釣果は計81尾。朝の状況に余裕をカマしてしまった報いとなりました。このあたりの対応面がまだまだ足りないと感じました。状況による引き出しを増やしていかなる場合も何とか釣果を伸ばす手立てが必要ですね。引き続き経験を積みたいと思います。

また今回新たに事務所付近に当社のぼりを立てて頂きました。現場に行かれた方は見ておいて下さいね。

 

  • 長谷大池

  • ワカサギ釣果

  • のぼり 設置