menu

  • ボウズのがれ

STAFF REPORT 営業マンレポート

Vol.20 三重県尾鷲市 カルーセルでキビレ・セイゴ捕獲

2015.11.27UP

日時 : 2015年11月20日 PM10時

場所 : 三重県尾鷲市 尾鷲港

仕掛 : ジャングルジム『カルーセル』1.2g

釣果 : キビレ33cm、セイゴ20~25cm

釣行者 : 難波

報告者 : 難波

去る11/20の出張終了後に三重県尾鷲市・尾鷲港にて少しアジングをすべく竿を出してみました。アジングのメッカということもあって私の他にも5~6人のアジンガーがおられ、状況を聞きましたがどうやら反応が悪い模様。小さなアタリはあるとの事ですがフックアップには至らず正体は不明。それなら自分が、という事でスタート。

ジャングルジム『カルーセル1.2g』で常夜灯まわりを移動しながらまずは表層を流していると早速軽いアタリが。1尾目なのでその姿を見るべく即座に回収、クンクンと竿先を揺らしながら上がってきたのはアジではなく20cmほどのセイゴ。良く見ると海面直下のあちらこちらにその位の魚影が見えます。再度表層近くを流して同じようなサイズのセイゴが続いたので、その後は少し深めをタダ巻き。しかしアタリがありません。その後徐々に深くして行っても同様なのでついには底狙いとなりました。ここで『カツカツ!』というやや鋭めの反応があり、即座にアワセるといきなり竿先がギューン!と絞り込まれて緩めのドラグがなりました。あれ、これは?アジではなさそうだけど・・・

暗い足場のブロック群に気をつけながら巻き続け徐々に距離を詰めて行きます。チヌかな? いよいよ魚が見えてやっぱりチヌ、リーダー2号なのでイケるだろうと3m程の段差を抜き上げます。いやぁ、チヌか・・・いや・・・キビレや。別にチヌでもキビレでもどちらでもいいのだが、ライト系ロッドだった事もありその引きは楽しいものでした。時間的な事もありその後アジをキャッチする事は出来ませんでしたが、思わぬ1尾に会えて楽しい釣行でした。

  • カルーセルキビレ