• ボウズのがれ

STAFF REPORT 営業マンレポート

Vol.22 兵庫県長谷大池の春ワカサギ

2016.03.07UP

日時 : 平成28年3月6日(日)

場所 : 兵庫県丹波市 長谷大池

仕掛 : ささめ針『渋鬼』①号

釣果 : 8~11cm×124尾

釣行者 : 難波

報告者 : 難波

このところに寒さに加え仕事やプライベートでなかなか時間が取れませんでしたが、暖かさと奥さんの許しに恵まれ久しぶりにワカサギ釣りに行きました。

管理人さんの事前情報によると、極端な大型が混じる事は少なくなったものの8~10cm位が比較的安定して釣れているよとの事。但しここ数日は20℃に迫るような極端な暖かさでやや水も温み、ワカサギも底ベッタリから少し散っているかも・・・という状況らしい。そそくさと受付を済ませ、魚の浮きも考慮してやや長めの7本鈎仕掛『渋鬼』①号に紅サシ・ブドウ虫で開始!

水深約9mでやはり最初は底から調査。するとほどなくアタリが・・・いやぁ、早速の反応でボカァ幸せだなぁ! ウィーン!と上がってきましたが7本仕掛の上から2番目にパクリ、という事でした。やっぱりベタ底ではないのかぁ。その後も底から少し浮いたところでコンスタントにアタリます。もちろん、底は底で喰ってくるのですが下鈎よりも真ん中から上鈎に乗るパターンが多かったです。

10時を過ぎて少しアタリが遠のきました。それでも今日も18℃という暖かさの中、のんびり糸を垂らします。そんな中仕掛を下ろしている途中に不穏な動きと共に穂先が戻りましたよ。まだ4mくらいなのに・・・ とっさに合わせるとアララ、乗ってる。それもダブル?トリプル??  ひぃふぅみぃよぉ・・・4連でした。そうか、中層に群れがきたのね?試しにサブの穂先も4m地点へGo。すると早速穂先が暴れ出します。やっぱりネ。しかし長くは続かず数分で確変モード終了。でもこの群れはまた回ってくるかも、という事でこの後常に1本は4m地点で待ち伏せる事とした。

一方底周辺は昼前までポツリポツリ、という状況。頃合いを見て昼食を頬張り午後に備えます。とほぼ忘れていた4m地点でまた異変が・・・ ハイ、2度目の確変モード開始! ちょっと雑な釣りになりますが、これはこれで面白いものですね。今回はやや長くここで30尾ほど上乗せしました。終了後、何とも言えない静寂を恐れましたがそれから底周辺が活気づきました。但し今度はほぼベタ底。7本鈎の5~7本目でのアタリが多くなりました。

2時になり本日目標の100尾を越えましたが、この後特に用事も無く紅サシももう少しある・・・うーん、もうちょっとやってみよう、という事で継続。少し追加して計124尾で終わる事としました。

魚は抱卵魚が多くなり帰ってからが楽しみです。強風・雨の予報もあり惨敗も覚悟しましたが、結果は風のみで後片付けも楽!大台も越えて非常に楽しいい1日になりました。管理人さんによると今年はまだまだ期待できそうとの事。今シーズン中にもう一度行けるかな?

  • 1457343389236