menu

  • ボウズのがれ

STAFF REPORT 営業マンレポート

Vol.27 コロタマ釣行

2016.08.14UP

日時 : 2016/08/13

場所 : 和歌山県印南町

仕掛 : 鈎:ブレイドサーフ ビーズ:夜行玉ソフト&ピンク蛍光ビーズ

釣果 : ハマフエフキ

釣行者 : 伊藤

報告者 : 伊藤

久しぶりのコロタマ釣行に行ってきました。

今年はコロダイの調子が良いと仲間内で話題になっていたので、鈎:ブレイドサーフ、ビーズ:夜行玉ソフト&ピンク蛍光ビーズを組み合わせた自作仕掛けとイカの切り身で攻めてみました。

しかし、当日は中々に活性が低くアナゴやウツボも殆どアタックしてこない状態でした。

そんな状態で諦めずに攻め続けること2時間ほど、竿を引っ手繰る強烈な当たりがきました。

磯モン特有のトルクフルな引きではあるのですが、どうもコロダイにしてはスピードがあります。

これはもしかするともしかするか? そう思いつつジリジリ寄せてきたところ上がってきたのはやはりハマフエフキ(タマミ・タマン)。

大きさは54cmと特別大きいわけではありませんが1匹目としては上出来です。

そして時合いに入ったのかその直後にももう一度強烈な当たりが来ました。

水面まで寄せるとこれもタマン、先ほどより少し大きそうです。

タモ入れも無事に終わり、そのままタモを縮めて回収しようとしたのですが、そこでなんとタモが壊れて網部分が取れてしまいました。年期入ってたしなぁ・・・

しかもよりによって網の中で魚が暴れた結果、鈎が外れていたようで魚はタモと共に海に沈んでいきました。

それから暫く諦めきれず沈んだタモ網に引っかからないかと足元に仕掛けを落としたりと色々してみたのですが一向に引っかかりません。

タモ網が沈んでいくときも魚が元気に泳いでいたので、どうやらまっすぐ真下に落ちたわけでは無さそうです。

どうしようもなくなり諦めて釣りを再開したのですが、そのアクシデントに時間をかけすぎたのか時合は完全に終わっておりそのまま何もないままにタイムアップ。

釣れたには釣れたのですが何とも言えない結果になってしまいました。

今回の磯モンなど夏の夜釣りはこれからが最盛期、昼間は暑くて辛いという方も夜は比較的過ごしやすいです。

是非チャレンジしてみてください!

  • IMG_1015

  • IMG_1017