menu

  • ボウズのがれ

FIELD STAFF REPORT フィールドスタッフレポート

Vol.7 2011年10月29日掲載文

2011.10.29UP

角田 裕介(堤防)のレポート
「10月末日、四季のつりテレビ撮影ロケ、和歌山県田辺の波止でアオリイカと五目釣り」 春の四季の釣りテレビ放送で、私が2.7キロ、ささめ針社員久保さんが2.1キロと、2キロ3杯を含む計4杯と大満足の釣果だったことで、テレビ放送は大反響。 昼間に波止でアオリイカのウキ釣りで2キロオーバーが連続ヒットし、初めてイカ釣りをした女性にまで2キロアップが釣れたことが、衝撃的であったようです。 そこで、秋に、さらにアオリイカウキ釣りの面白さを伝えるために、その第二弾の撮影にいってきました。 釣り場に向かう途中、フィッシングマックス和歌山インター店で、元気な活きアジを購入。釣り場に11時前に到着します。 テレビ撮影独特のプレッシャーと、当日北風8メートル、沖では白波がたち、うねりをある状況と厳しい環境でありました。 2度目の撮影と、撮影スタッフの気遣い、ささめ針吉井さんの完璧なフォローから、順調に撮影が進みます。 アオリイカの当たりがない時間が続き、まったりモード。ロケーションの良い釣り場のためか、気持ちがのんびりしてきます。 ウキ釣りの合間に、ささめ針ブラクリ1号から2号を使い、足元にいる根魚釣りを楽しみつつ、アオリイカウキ釣りのウキをなだめながらにブラクリをするスタイルで撮影が始まります。 ささめ針久保さんが伊丹さんのレクチャーを受け、ブラクリで、ガシラ、ベラ、ネンブツ鯛、その他いろいろと釣り、五目釣りを楽しみます。久保さんの釣りを楽しむ姿で、釣り場がなごみます。 ほんとに、ささめ針ブラクリは良く釣れますね~ いよいよ狙いの地合い、夕まずめ。 満潮と日暮れが重なるゴールデンタイム!! 私のイカに対する情熱が、奇跡的な釣果を生み出しました。釣れた瞬間、撮影スタッフの方々も私と一緒に興奮し、感動してくださり、スタッフの方々と一つになれた瞬間でした。 厳しい状況でも釣れてしまう、のりのり天国スーパークリアLサイズは、改めて、釣れる仕掛けやな~と感じました。 放送は、11月11日 午後10時~ サンテレビです。 釣り運を持っている女性の久保さんも、やはり、イカを釣ってますよ。 久保さんウキイカガールなれるんちゃうっと思いながらのエンディング。釣れたことで、帰路の車中、吉井さん、久保さんと話が盛り上がりました。 放送がめっちゃ楽しみです。 そして、次回につながったかな~とも思ってます。 次回の撮影は、春の大型アオリイカを、春シーズンに発売の、のりのり天国スーパークリアロングシャフトで、狙いたいと思ってます。 アオリイカウキ釣りが,ささめ針さん主導でどんどん盛り上がっていくことを祈ってます。 アオリイカウキ釣り、実に簡単に面白いですので、是非とも、チャレンジしてほしいです。
  • Dsc06425

  • Dsc06430

  • Dsc06435

  • Dsc06441

  • Dsc06460

  • DSC06465

  • Dsc06475

  • Dsc06483