menu

  • ボウズのがれ

FIELD STAFF REPORT フィールドスタッフレポート

Vol.41 タラジギング4

2016.03.04UP

福島 義則(船カレイ)のレポート

 3月2日に釣友の上田君と大船渡市三陸町小石浜のやまきゅう龍神丸さんに乗船してタラジギングに出掛けて来ました。

 6時10分出船 ポイントは綾里崎灯台沖75メートル前後で、ベイトのメロードの着き場だそうです。

 今回のジグはフラッシュ250グラムをメインにランス、ストロボを使用。

 フックはフロントにハードツインスパーク2/0、リアにツインスパーク2/0をセットしました。

 

 朝一から2~3KG位のタラが小気味良くヒットします。

 船頭さんの言葉通り、吐き出すベイトは全てメロードでした。

 メロードとシルエットが似ていたのでランスも使用しました。

  これまでタラジギングに『シャウト!』のジグを何種類も使用してきましたが、個人的に一番お気に入りなのはフラッシュです!

 理由はフォブリングでの強烈アピールとダートしないスローフォールなのでタラがバイトしやすいようで、ショートバイトが無くスレ掛かりも少ないからです。

 

 釣果はタラ25匹位とアイナメ1匹でした。

 今回もGT(ジャイアントタラ)が釣れず、魚を持っての写メがありません。

 

 帰りに漁港からすぐの三陸鉄道『恋し浜駅』に立ち寄り記念撮影。

 恋人の聖地?らしいのですが…50過ぎのオッサンさんには関係ありませんな(笑)

タラジギング4 タラジギング4
タラジギング4 タラジギング4
タラジギング4