menu

  • ボウズのがれ

FIELD STAFF REPORT フィールドスタッフレポート

Vol.57 「見釣り!!」

2016.08.03UP

角田 裕介(堤防)のレポート

京都野原の素潜りが解禁した。

漁連で3000 円支払うと許可証をもらえ、それを腕に巻く。

渡船にて、沖磯にむかう。

サザエを探していると、ガシラやアコウなどの根魚の姿を多く目にする。魚を見ると、釣り師としてヤスで魚を突くよりも、海のなかで、見ながら釣る「見釣り」がしたくなり、今シーズンから本格的に、見釣りを始めた。ブラクリ4号に五メートルの長さの3号ラインを結び、針にキビナゴを付け、シュノーケルしながら、岩の間、溝、落ち込みなどに、ブラクリをはこぶ。

素潜りすると、海のなかで、根魚が岩の間に隠れ潜んでいるのが確認できる。その口もとにブラクリをもっていくと、ガシラが大きな口をあけて、キビナゴを飲み込む。その瞬間、手に持っているラインを手繰り合わせ針をガシラにヒットさせる。ガシラが逃げ泳ぐ感触が、もろに手に伝わり、ガシラの泳ぐ姿を見ながら、ラインを手繰り寄せる。釣竿で釣る数倍の面白さが、見釣りで体験できる。

魚の、エサに食い付く瞬間、エサを飲み込む瞬間、泳ぎ逃げる姿など、目にしながら釣るのが、見釣りの醍醐味。なんといっても、真夏の日中、暑すぎて釣りどころでない陸上と違い、海中では気持ち良く快適に釣りを楽しめる。

当日のフィナーレは、アコウがブラクリの赤い錘ごと飲み込む姿を見釣りしたとこだ。

ガシラはエサに、アコウは赤い錘に、それぞれ違った反応を示した。短時間でガシラ17匹、アコウ1匹の釣果であった。

翌週も、同じパターンでガシラ30匹の釣果、見釣りの面白さに完全にはまってしまった。

素潜りをすると、海のなかで、魚がどこにいるのかが見て分かる。

釣りでは、海中をイメージして魚の居付く場所、回遊場所を狙っていた。素潜りと見釣りをして目にした海の中の魚の状況を、釣りで活かせら、今後の釣果アップにつなげそうだ。

「見釣り!!」
「見釣り!!」 「見釣り!!」
「見釣り!!」 「見釣り!!」