• ボウズのがれ

FIELD STAFF REPORT フィールドスタッフレポート

Vol.61 サビキ釣り

2016.08.31UP

角田 裕介(堤防)のレポート

垂水アウトレットへ家族で買い物に行こうという話から、妻が買い物中、娘とアウトレット隣の、アジュール舞子でサビキ釣りをする流れに。ここは、足場良く、安全柵があり、子ども連れでも安心して釣りが楽しめるポイント。

子ども用の竿とリールに、8号浮きをタナ8メートルに設定、仕掛けは、「安心安全スレサビキ ピンクベイト4号」をつけ、8号用サビキ蓋付きかごを底に取り付けセッティング完了。

娘に、キャストさせる。

これまで、サビキ釣りをしていたら、子どもの服や、手拭きタオルにサビキ針のかえしが引っ掛かり、なかなかはずれなく、時間を費やすトラブルに陥ったり、服やタオルを破いたりと、嫌な経験が…

この「安心安全スレサビキ」仕掛けなら、いつものように、服やタオルに針が引っ掛かっても、かえしが無いため、すぐに外せる、トラブルなしで、気分良く釣りができる。ただ、当日は、まったく釣れない。同じ位置で継続しても釣れず、キャスト位置やタナを変えても釣れない。釣れていると聞いていたのに、なぜ釣れない。

隣の家族連れがたまに釣れているアジの大きさは、10センチ~13センチのため、4号仕掛けの針でかからないはずがない。おかしい。

釣れない時間が続いたため、仕掛けを「究極のサビキ豆アジ1号」に変更。

仕掛けを変えると、不思議と釣れ出す。釣り方も変えず、ピンクベイトも同じ。違いは、4号と1号だけで、これほど釣果が変わるのか。

娘が14時からの3時間かけて、100匹釣ったところで、納竿とした。

「安全安全スレサビキ」が3号より小さいサイズがないため、0・6号、0.8号、1号などの豆アジサイズの発売を期待します。

サビキ釣り サビキ釣り
サビキ釣り サビキ釣り
サビキ釣り サビキ釣り