• ボウズのがれ

FIELD STAFF REPORT フィールドスタッフレポート

Vol.71 2016熱海納竿釣行会

2016.12.29UP

伊藤 幸一(投)のレポート

 皆さん、こんにちは!神奈川の伊藤です。今回は、湘南の仲間との2016年の竿納めとして納竿釣行会で熱海まで行ってきました。

 当日は、日本海側を発達した低気圧が移動中で太平洋側は、南寄りの爆風&海は大しけ模様です。当初の予定でした相模湾での釣行は大波が押し寄せており釣り不可能です。そこで、釣りだけなら東伊豆に位置する熱海港なら、回り込んでくる南西風と大波を避けられるだろう?との予想のもと総勢13名で一路、熱海港に向かいました。フィールドに到着すると、風は多少廻りこんでくるものの海は穏やかで釣れそうです!早速タックルを準備します。アスリートキスTCフッ素コート5号、6本針でスタートします。エサは、ジャリメを大きめにつけて、港航路中央へ向けて4色ほどキャストします。思ったより水深があります。ちょっと深すぎるかな?3色ほどのところで小さいアタリがありますがシロギスではなさそう・・・。アタリにシャープ感がありません。予想通り、掛かってきたのはフグです。その他の針は、無くなっていました。数投しましたがメゴチが掛かって来ただけなので、湾奥へ釣り座を移動します。ちょうど、そちら側で竿を出していた仲間が、20センチクラスの良型を釣り上げるところが見えました。私もすぐにキャストすると、3色手前で良いアタリをキャッチ!「クックッ」「グイッグッグッン」とシャープなアタリを感じたところで巻き上げると19センチクラスの良型でした。湘南の釣友も23センチクラスを上げる方もおり盛り上がってきました!さすがに7人~8人で同じところにポイントに入れるので、型は小さくなってきましたが、終了時刻までポツポツとですがアタリが続きましたので楽しめました。

 今回は、プチ大会という事で、二人一組のペア戦です。女性陣は3人おりましたので、3人で一組です。ルールは、一人1匹×2人の合計釣果で競います。ここからがいつもと違い、釣り終了後に、ペアを決めるくじ引きをしました。よって釣りをしている間は誰と組むことになるか分からない状況でやって居た訳です(汗)ちょっと変わった趣向です(笑)トップの方は、20センチオーバーをそれぞれキャッチしてきた、真間さん、斉さんペアでした。賞品は持ち寄りでPEラインやタングステンテンビンもありました。

 また、今回のプチ大会開催に際して「㈱ささめ針」様からも賞品をご提供いただきました。この場をお借りしまして、お礼申し上げます。ありがとうございました。

                                                                     ささめ針・フィールドテスター

                                                                        伊藤幸一

2016熱海納竿釣行会 2016熱海納竿釣行会
2016熱海納竿釣行会 2016熱海納竿釣行会
2016熱海納竿釣行会 2016熱海納竿釣行会
2016熱海納竿釣行会