menu

  • ボウズのがれ

FIELD STAFF REPORT フィールドスタッフレポート

Vol.82 津軽海峡のカレイ釣り

2017.06.07UP

福島 義則(船カレイ)のレポート

6月4日に釣友の矢本さん、青森の寄松さん、佐野さんら計6人で青森県東通村野牛漁港より出船してカレイ釣りに出掛けて来ました。

 

5月14日のG社主催のカレイ船釣り大会 野牛会場が悪天候の為、中止になっていた。

今年の野牛沖では良型ナメタガレイが釣れているみたいで、諦めきれず今回の釣行になりました。

 

朝4時、むつ市のフィッシングハウスキヤさんで出船名簿記入、エサの青イソメを購入。

昨日はマガレイが結構釣れているらしく「エサは多めに!」と、アドバイスされました。

 

5時出船、野牛沖水深30㍍前後の流し釣りです。

 

情報とは異なりマガレイはたまに混じる位で、マコガレイ、ヒガレイがメインで釣れて来ます。

津軽海峡のマコガレイはてっぷりと肉厚で良いカレイでした!

 

それにしても今回の釣行は雨降りと冷たい東風が吹き、とても寒かったです。

後半は手がかじかんで泣きそうでした()

 

釣果は本命のナメタ2枚、マコガレイ、ヒガレイ、マガレイで50枚位でした!

 

今回お世話になった龍運丸さん有難うございました。

津軽海峡のカレイ釣り 津軽海峡のカレイ釣り
津軽海峡のカレイ釣り