• ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

1 / 1912345...10...最後 »
Vol.183 イナダ回遊

2017.04.20UP

きょきょんしーコーギー様からのユーザーレポート

17日の午前は風もなく熱いくらいでした。

しかし昼頃から風が強くなり遠めに投げれる状況ではなかったのでほぼ足元でウキ釣りとなりました。

のませ針にキビナゴを付けてのウキ釣りでした。

アタリわかりにくかったものの10号のサビキウキが入り、風が強いなか遊ばせながら上げてみると40㎝程のイナダでした・・・!

3年ぶりにウキが入り40㎝のイナダを釣りあげました。

これから連休になります。ゴミは捨てない、違法駐車はしないなどマナー守って釣りをしたいものです。

イナダ回遊
Vol.182 サバにも極太

2017.04.17UP

TERASU様からのユーザーレポート

釣行日:2017年4月16日(日)
釣行時間:AM6:00~PM12:00
釣行場所:水橋
天候:晴れ
潮:中潮
釣果:サバ7匹 ヒラマサ1匹

 

 

 先週は体調不良で父だけが船長と行き、天秤+サビキで大惨敗。完全フカセでサバが好調とのことで今回は完全フカセでサバを狙いました。

 南風がすごくて船がくるくる回って中々釣りにならず、しかもコマセを撒いてもサバの群れが留まらないのかぽつぽつとしかつれません。そんな中ちょっと強い引きがあり上げるとヒラマサ。水深は底まで20M程でサバは10~15Mで釣れるので、根魚狙いで底付近を狙ったのが功を奏したのかもしれません。

 お昼ごろになり南西の風が強くなり、終了。数は少なかったですが、丸々太った40CM前後のサバが釣れてよかったです。アジ極太は青物全般に効果大ですね。青物相手にケイムラ効果と刺さりの良さがマダイ針とは違いますし、アジ以外の引きにも折れない強さがあります。

 水橋フィッシャリーナで病人が出たのか、常願寺川方面からドクターヘリが飛んできてフィッシャリーナの駐車場に着陸しました。間近でヘリの離着陸が見られてちょっと感動!(不謹慎)

 釣行、海遊びの際は体調管理に気を付けましょう。

サバにも極太
Vol.181 今年も順調!

2017.04.17UP

黒得可主様からのユーザーレポート

 南薩摩のキス。今年も順調!
 サイズはまだまだイマイチ(15~20センチ)だがアタリが頻発に続くので結構楽しい。
 満潮(8時半)後から始めて3時間程の釣り。
 まだ群れを成しておらずポイントが定まらない。しかし裏を返せば「どこに投げても釣れる」って感じ。
 早朝はまだ冷え込むのでおそらく喰わないと思う。お日様が上がってからお昼前からのスタートが良い。この時期フグが多いのでしっかりフグ対策を。
 48本。ピン(15センチ以下)は除く。(釣りライター)

今年も順調!
Vol.180 糸島のキス

2017.04.17UP

こばちゃん様からのユーザーレポート

 先週の釣行に味を占めて、4/15にまた糸島の岐志港へ行ってきました。

 現着が7:00であったため、先週のポイントは満員で入れず、近くの別のポイントへ。妻と2人で砂虫を投げます。針はササメ競技キスSP8号を使った自作仕掛けです。

 1投目から妻にアタリがあり18cm程のキスをGet、私も2投目に同サイズを釣り上げ、さい先いいと思いましたがその後はトロロ藻とシモリに捕まり数が伸ばせません。それでもポツポツと追加し、12:30の納竿までに24cmを筆頭に23匹キープしました。

 と、ここまでは良かったのですが、帰宅後、ノッターを忘れたことに気がつき、翌16日に私一人で行って見ましたが、やはりノッターは無く、釣りを始めたものの、ライントラブル(力糸の結び目)により戦意喪失し、速めに撤収。

 僅か6匹の釣果でした。

 来週は仕事のため次の釣行はGWになりますが、キスの釣果(活性)も上向くでしょうから楽しみです。その時は大キスを使った夜釣りの予定です。

糸島のキス 糸島のキス
Vol.179 糸島半島のキス

2017.04.17UP

こばちゃん様からのユーザーレポート

 久しぶりの投稿となります。2年の刑期を終えて東京での単身赴任から、福岡に帰ってきました。これから、釣行回数が増えそうです。
 引っ越しの荷物をほどいた後、初の休日となった4月8日にキス釣りに妻と出かけました。情報はなかったのですが、糸島半島唐泊港でスタート。降っていた雨はほぼ上がり風も弱くいい感じです。針は妻がビクトルキス9号4本針(自作)、私がアスリートキス8号5本針(自作)です。1時間ほど粘りましたが、アタリもなく場所移動とし、岐志港へ。空いていた場所でスタートです。
 今度は1投目から妻にアタリがあり17cm程の春の使者と初顔合わせ。私もと竿を振りますが私にはアタリなし。妻は2投目もアタリを捉え釣り上げます(小型のためリリース)。その後、数投して私にもアタリがあり、ドキドキしながら巻き上げると20cm程がダブルで、私にも春が。
 その後、潮変わりでアタリが遠のいた午後3時過ぎに納竿。キープしたのは17匹でした。これから、福岡近郊でもキスが本番を迎えそうです。

《使用した針》
ビクトルキス9号・アスリートキス8号

糸島半島のキス
Vol.178 今年も濃い@南薩摩

2017.04.07UP

黒得可主様からのユーザーレポート

ド干潮から投げてみた。
ところが予報は1mだったにもかかわらず白波が立ち、常識ではキス釣り不可だった。
でも、せっかく買ったエサ。数尾でも釣れたら良しとするか。
深場を探して1投目。ナント3連(3点仕掛け)で喰ってきた。あとは単発だったがほとんどアタリがあった。
(今日は30は軽いな・・・)とマジで思った。
ところが南東からの風(逆風)が激しい突風となり、波しぶきが飛ぶようになった。完全に釣りは不可能となり退散した。
1時間半くらいの釣果。今年も魚影は濃い。

今年も濃い@南薩摩
Vol.177 イルカにホタルイカに

2017.03.27UP

TERASU様からのユーザーレポート

釣行日 :2017年3月25日(土)
釣行時間:AM6:00~PM1:00
釣行場所:水橋
天候  :晴れ
潮   :中潮
釣果  : マダイ4匹 アジ20匹 サバ9匹 マガレイ1匹 ムシガレイ1匹

 

 

 エンジントラブルで中々釣りに行けなかったのですが、やっと修理が終わっていってきました。1月2月は富山ではイカ釣りが盛んになるのですが、今年はイルカが多くてさっぱりだったそうです。で3月の釣行。例年のごとくホタルイカの季節でなにも釣れなくなる時期です。今回もダメかと思い、私は天秤フカセ仕掛け、父は自作の胴突きで始めます。

 

 朝まずめはなにも釣れず! やっぱり3月はだめかと思いきや、胴突き仕掛けに当たりが。上げてみると、中アジの群れが! その後は入れ食いとなりますが、6本針に一匹ずつしか掛かりません。餌取りも多いみたいです。

 

 私の方も、サバやアジが掛かり、暫くすると25CM前後のタイが来ました。北風が吹いてきてそろそろ終わりかなと思っていると、最後の最後に父の胴突きに重みのあるあたり。慎重に上げると、37CMのマガレイが! カレイ釣りは全然したことがなくて、久しぶりに大きなカレイが釣れてよかったです。

 さて、切られた針を買い足しに釣具屋へ行きますか(笑)

 

竿   :SIMANO 海春 30-300
    :SIMANOトライトン 55 SI-T 30-300T

リール :SIMANO プレミオ3000

道糸  :スーパーブレイド5 8本組 4号

 

【天秤仕掛】

ハリス  :トルネード ベーシック船ハリス 3.5号

針    :ヤイバ喰わせ真鯛(ケイムラ)10号

 

【胴突き仕掛】

幹糸   :トルネード ベーシック船ハリス 7号

エダス  :トルネード ベーシック船ハリス 3.5号

針    :アジ極太(ケイムラ)10号

イルカにホタルイカに イルカにホタルイカに
Vol.176 ★今季3回目のワカサギ釣り!

2017.03.21UP

釣り始めました君様からのユーザーレポート

 3/19(日)釣友を誘って、愛知県入鹿池にワカサギ釣りに行ってきました。この時期でも、ワカサギ釣りは連日賑わう、嬉しい情報を得た。(^-^*)V

 

 当日は連休と重なり、早朝から多くのアングラ-が入鹿池に訪れた。しかも好天に恵まれ寒さは感じない。日中気温は15℃予報なので、ポカポカ陽気の春本番だ!

 

 この日ワカサギ仕掛け ①激渋1.5号使用したが、小型サイズが多いので 0.8号に切り替えた。これが大正解となり、軟サオ先がピクピクと首を振った。(╹◡╹)

 

 この日はベタ底付近にワカサギ群れが集まっていた。鬼楽六面オモリ(6グラム)下に付けたハリのサシエ(白サシ)が、ワカサギ好乗りだった。午後から風は吹いてきたがワカサギ釣り3回目としては、まずまずの釣果となった。

 

二人釣果89匹(6~9センチ)。六面オモリ下鈎ハリス止めに感謝したい。 <(_ _)>

 

 

当日 『入鹿池 ワカサギ仕掛』
◆電動リール=ダイワクリスティア ワカサギ CR-PTⅢ
◆仕掛=①ささめ針 激渋 6本針 ハリス0.3号 ハリ 1.5号 or0.8号 
    ②ささめ針 2本組 5本針 ハリス0.5号 ハリ 1.5号
◆オモリ=ささめ針 鬼楽 六面オモリ 6グラム。

★今季3回目のワカサギ釣り! ★今季3回目のワカサギ釣り!
★今季3回目のワカサギ釣り! ★今季3回目のワカサギ釣り!
Vol.175 春キス@南薩摩

2017.03.21UP

黒得可主様からのユーザーレポート

 南薩摩のキスは例年3月下旬から始まる。しかし、今年は未だに海水温が低い状態が続き、磯釣りの寒グロ(グレ)も不調に終わってしまった。キスもその流れで遅れるのでは、と不安に思っていた。

 

 ところがどっこい!1投目からプルプルの元気なアタリが続いた。サイズもこの時期にしてはまあまあだ。

 

 初キスがこれほどスムーズな年は昨今あんまりない。

 

 満潮からの下げ2時間ほどの釣り。早起きして満潮前から挑めば結構な釣果になるにちがいない。

 

16~20cm。21本。

春キス@南薩摩
Vol.174 教訓「郷に入れば郷に従え」

2017.03.21UP

メバルっち様からのユーザーレポート

 暖かく釣り日和となった3月4日(小潮)乗合船で泉南沖の今シーズンの半夜のメバルの締めくくりに釣行してきました。

 

 前半から中盤までは、あいにくメバルの喰いは渋く船上でも数匹しか本命の大型メバルは上がっていませんでしたが、後半潮が動き出すと一気に活性化し船上のあちこちで歓声とともに大型のメバルがたくさん上がり出しました。

 

 しかし、なぜか私を含め数名の釣り客には、アタリすらない状態だったので見かねた船長が「今の地合いに釣れてないのは、仕掛けが合ってないからやから細仕掛けの船のオリジナル仕掛けに変更しなさい」と言われ私たち数名は船のオリジナル仕掛けを購入して再チャレンジ!

 

 すると交換してすぐさま皆さんと同様に竿先を引き込む大きなアタリがあり、大型のメバルが連続で釣れてきました!
結果的に仕掛けを変更して私を含め本命の大型メバルが釣れていなかった釣り客たち全員に大型メバルが微笑みました!

 

 当日の私は切り札としてお気に入りのささめ針のにんにく漬けじゃこメバル仕掛けで最初から挑んでいましたが、潮が予想以上に澄んでいたようで、メバルが釣れ出した後半の地合いに船長のアドバイスに従いメバル針2号・ハリス0.6号・幹糸1号の船のオリジナルの6本針サビキ仕掛けに変更したおかげで本命の大型メバルをゲットすることができました。

 

 今回私は、固定概念を捨てその場の状況に応じて臨機応変に対処する「郷に入れば郷に従え」ということの大切さを実感することができ非常に良い教訓釣行となりました。

 でもささめ針のにんにく漬けじゃこメバル仕掛けは私のメバル釣りの鉄板であることに変わりはありませんがね!!

 

 

当日私が使用したタックルと仕掛け
ロッド:がまかつ がま船メバルスペシャルFV3.9m
リール:ダイワ スマックレッドチューン100R
道糸:サンライン D-1ハイブリッドPE船1号100m
リーダー:サンライン トルネードVハード4号4m
仕掛け:ささめ針にんにく漬けじゃこメバル4号ハリス0.8号幹糸1.2号と船のオリジナル6本針サビキ仕掛け2号ハリス0.6号幹糸1号
オモリ:ホゴオモリ25号
竿受け:第一精工チビラークロング

教訓「郷に入れば郷に従え」
1 / 1912345...10...最後 »