menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.17 コロダイが釣れません

2015.04.19UP

スパイカー様からのユーザーレポート

4月18日土曜日に今シーズン初めてとなるコロダイ釣りに出撃しました。釣り時期としては一か月半は早く厳しい状況でしたが、数日前から黒潮が紀伊半島南西部に接近し海水温が20度まで上昇してきたのと、大潮で天気予報が久しぶりの晴れだったので決行しました。そして、本当の出撃理由は、先月ささめ針さんから発売されたNEW投げ専用バリ「ブレイドサーフ」を3月の末に近くの釣り具量販店へ注文し手に入れたので一日も早く実釣したかったのが本音です。      釣り場はいつものジャリ浜より南に位置し海水温が少しでも高いであろう椿周辺で大キスも狙える浜と決めて、大阪貝塚の餌屋さんでマムシとアオイソメ・石ゴカイを購入し13時半に現場へ到着しました。道具はいつもどおり27号から30号の赤い投げ竿4本道糸はPE3~5号、仕掛けはキス用にアスリートキス8号と大キス、そしてコロダイ用に今回は中本嗣通達人こだわりの「ブレイドサーフL」必殺のハリス10号ケプラー補強段差針仕様で攻撃を開始しました。 5か月ぶりの投げ釣りなので思いっきり遠投して気持ちよく大キスを捕ったろうと投げましたが、快晴なのに正面となる南からの風が強く糸ふけが多く5色までが限界で、17時まで手持ちと置き竿の4本体制で対キス攻撃を実施しましたが13㎝以下のピンばかりがぽろぽろで針がかりが良いキスはすべてリリースとなりました。     この頃から竿2本を対コロダイ攻撃にシフトし「ブレイドサーフL」にマムシ+青イソメ房掛けで爆撃しましたが、心の中ではNEW投げ専用針「ブレイドサーフL」に餌を付けて投げるだけで満足、釣れないだろうと思っていました。           1投目はまったく反応無く回収し、上針のイカは無傷で下針にマムシ+青イソメ房掛を付け替え2投目を投げ終えた17時40分に餌取りのような微妙なアタリがあり近寄って体制を整え注視していると、ドラクは鳴らず竿先が抑え込まれたので、「餌取りでもええわー」とアワセを入れるとゴンと生命反応があり、頭を振る感触が手元に伝わり、でっかいフグかなーと思って強引に巻き取りました。波打ち際で白い腹が見え取り込んでみると真鯛でした、段差下針の「ブレイドサーフL」がガッチリとかんぬきを貫いていました。あまり美しくなくおそらく天然でない養殖の脱走兵と思われる真鯛で検寸すると30㎝のチャコでしたが、私にとっては自己記録更新で、なによりも「ブレイドサーフ」で取り込んだ1匹なので大変うれしく思いました。「ブレイドサーフL」は太軸でふところが深く、イカなどつけやすく、房掛けもしやすくボリューム感が保てます、大変気に入りました。今シーズンは「ブレイドサーフ」、あっそうそう、「磯投バトル」も購入しました、で、コロダイ、タマミのでっかいのを釣りたいなー。

コロダイが釣れません