menu

  • ボウズのがれ

USERREPORT FORM ユーザー釣果投稿完了

釣果投稿フォーム::送信完了

投稿ありがとうございました。

1 / 11
Vol.194 キスは夏枯れ?

2017.08.16UP

こばちゃん様からのユーザーレポート

 先日、釣具店に行くと「SASAME競技キスSP」が特売になっていたので購入し、作った仕掛けで暑さに負けずキス釣りを楽しんできました。

 

 
 8/12は妻と長崎県の鷹島です。夜0:00に着いて初めてのポイントに入ろうとしたところ、導入路に「釣り禁止」の看板が。(下見したときは無かったのに。)トラブルになるのは嫌なので近くの日比港で竿を振ります。このポイントは引き潮であまりいい思いをしたことなく、案の定満ち潮に変わるまで目立った釣果は有りませんでしたが、潮が変わるとキスがポツポツと釣れ始めました。この日は4月に東京に就職した次男が帰省するため朝9:00に納竿しましたが、キス21匹(最大24cm)チャリコ多数、イトヨリ数匹でした。勿論、リリース可能な小型魚はリリースしてます。

 

 8/13(お盆ですが、帰省しないと行けない息子も希望するため)はバイトの長男を残し、妻と次男の3人で出かけました。唐津城前の石積みの波止に5:30に到着し、数投しましたがアタリは無く(河口域で最干潮時ではあったが)、鷹島に移動することに。

 鷹島に到着しましたが、昨日入った日比港の波止には多くの先客がおり、空いたスペースを見つけ竿を振ります。ポイント(昨日と波止が違うのでイトヨリは狙えません)は昨日の釣行で確認していたのでそこへ投げ込むと、1投目から妻にアタリがあり、小型ながら釣れてきます。次男も久々のキスのアタリを楽しんでいるようです。

 しかし、10:00を過ぎたころからポイントが遠くなり(120mライン)妻には無理になってきたため場所移動。(ここで釣れたネズミコチは臭くてたまらない。最近、この激臭の個体が増えましたね。)
 場所は小さな船だまりで、7月に鷹島で知り合いになった投げ釣り師の方から教えていただいた場所です。しかし、アタリは無く再度場所移動。最後は床波の岸壁です。しかし、ここでもピンキス1匹を追加したのみで、12:00に納竿。帰りに道の駅「鷹ら島」で生本まぐろ(鷹島で養殖している一品)、ヤリイカをお土産に購入して帰りました。

 

当日の仕掛け
 SASAME競技キスSP(8・9号)4本針(自作)
 SASAMEアスリートキス9号5本針(自作)
 妻は餌付けがしやすい競技キスSP、私は軽いアスリートキスを使いましたが、アタリ数、掛かり率は同じ感じでした。落ちギスにもこの2種類で臨む予定です。

キスは夏枯れ? キスは夏枯れ?
キスは夏枯れ?
Vol.193 ブランドの明石ダコを狙って明石沖へ!

2017.08.02UP

ジャッくん様からのユーザーレポート

 7月18日(火曜日)この時期食味最高の明石ダコを狙って、乗合船で明石沖へ釣行してきました。

 

 当日の私は、今年新しく発売されたささめ針のタコ連結集寄MEGAを目立たせるために集寄として使用、ささめ針のタコエギジャックレッドヘッドに船で配られた餌の冷凍小鯵を括り付けて六角オモリ50号で釣ることにしました。
 開始直後の早朝から昼頃まで終始頻繁に掛かってくる「重たくて大型のタコかと思わせるような海藻(大型ワカメ等)」に何度も苦戦をしいられながらも、写真のような好釣果をゲットすることに成功しました!

 

 周りでは今流行のタコエギだけでも十分よく釣れていましたが、若干乗りのよくない時間帯もありました。
 そんなときはタコテンヤで釣られている方や、私のようにタコエギジャック+餌の小鯵を括り付けて釣ったほうが多少なりとも釣果アップにつながっていたように思われました!
 今後も私の船のタコ釣りには、ささめ針のタコエギジャックと餌の組み合わせが絶対欠かせない必須アイテムになりそうです!!

 

 釣ったタコは塩揉みした後、湯がいて辛子酢味噌やきゅうり揉みで頂くと暑さも忘れ、さっぱりして最高に美味しかったです。

 

ブランドの明石ダコを狙って明石沖へ! ブランドの明石ダコを狙って明石沖へ!
ブランドの明石ダコを狙って明石沖へ!
Vol.192 暑さに負けずキス釣り堪能!

2017.07.18UP

つりきち様からのユーザーレポート

 快晴となった7月8日、海水浴が始まる前の若狭高浜の東三松方面へ投げでキスを狙って釣行してきました。

 

 陽が上るにつれて暑さがどんどん厳しくなり、冷たい水分を頻繁に補給して熱中症対策をしながら昼前まで頑張った結果、写真のような爆釣となりました!!

 当日の私はささめ針のアスリートキス5号の5本針仕掛けと、餌にはイシゴカイを使用。

 遠投・中投・近投と投げ分け探り歩くと、どのポイントでも投げる度にブルブルっと心地良くキスが釣れ続き、5連パーフェクトを最高に2連3連4連と快調にキスを釣り上げることに成功!

 

 暑さを克服し投げのキス釣りを堪能することができました。

暑さに負けずキス釣り堪能! 暑さに負けずキス釣り堪能!
暑さに負けずキス釣り堪能!
Vol.191 淡路島でキス釣り満喫!

2017.07.04UP

つりきち様からのユーザーレポート

 6月20日(若潮)淡路島西淡へ投げでキスを狙って釣行してきました。

 

 午前中の込み潮から引きにかかっていく好地合いに、イシゴカイを餌にささめ針のアスリートキスベーシック5号の5本針仕掛けを使用して、写真のようなトリプル混じりで昼までにキス釣りを充分満喫することができました!

 

 当日はほぼ1投ごとにポイントをずらしながら砂浜の海岸を探り歩くと、ほとんど素針なく2色以内でキスが釣れ続き、キス釣りの醍醐味であるここち良い連掛けを楽しむことができました。

 

 やっぱりキスの数釣りをするなら広々とした砂浜が最高ですね!
 これからは日増しに暑さが厳しくなってくるので、熱中症対策を万全にして無理しない程度に釣行したいと思っています。

淡路島でキス釣り満喫! 淡路島でキス釣り満喫!
淡路島でキス釣り満喫!
Vol.190 今シーズン初の投げキス釣行

2017.06.28UP

つりきち様からのユーザーレポート

 近畿地方が梅雨入りして間もない6月10日(土曜日)晴天に恵まれたので、キスの釣れ出しが比較的早い淡路島の南部方面へ今シーズン投げで初めて釣行してきました。

 

 当日の私はささめ針のキステック6号の3本針仕掛けを使用して、エサのイシゴカイを小さめに切って刺して釣りました。
 ポイントの2色付近に見える黒々と点在するシモリの際をコントロール良く狙うと、竿先を引っ手繰るような強いアタリがちょこちょこあり、キュウセンベラの良型が釣れてきました!
 一方砂地を狙うと11~15㎝のキスがダブル、トリプル混じりで退屈しない程度に釣れてブルブルッと心地よいキスのアタリを味わうことができ、私にとって幸先の良い投げ釣行となりました。

 

帰宅後、酒の肴にキュウセンベラは塩焼きで、キスは唐揚げでいただくと最高に美味しかったですよ!!

今シーズン初の投げキス釣行 今シーズン初の投げキス釣行
今シーズン初の投げキス釣行
Vol.189 博多周辺のキスⅡ

2017.06.19UP

こばちゃん様からのユーザーレポート

 キス釣りを楽しんできました。前回の投稿以降5/27・28日にも行ったのですがその時は写真を取り忘れ投稿してません。

 

 6/16は妻と唐津湾の高島です。朝7:50の1番船に乗り込み、10分で到着し、歩いて5分の位置から竿を振ります。このポイントは朝は大型が出ると聞いたのですが潮が悪いのか(腕が悪い)中型がポツポツの状況です。

 10:00ころになると当たりも減り小型が多くなったので場所を移動(10分程の別の波止)します。ここでは、しばらくの間当たりがありませんでしたが、気分転換に早めの昼食を取った後から当たりが出始め、中型中心に数を伸ばし14:30に納竿。宝当神社にお参りして帰宅です。

 

 6/17も妻と唐津湾の高島です。7:50の一版船で渡り、釣り開始です。この日は今までに入ったことのない場所で試します。海水浴場前の波止でトイレも近く便利なところです。ここでは1投目からアタリがありましたが、後が続かず長い波止を探り歩きましたが数が伸びず、風も強くなったため、昨日のポイントに移動します。

 ここでも、暫くは当たりが無く、また早めの昼食とし気分転換です。満潮少し前から散発ですが当たり始め、潮止まり頃にはアタリが遠のきましたが、納竿した14:30までに24cmを筆頭に50匹以上+ピン多数釣れました。濁っていたからか20cmほどのアジも2匹、ほか餌取りは定番のフグの他、ヒイラギが多数、キュウセンベラ、ホウボウ、チャリコ(3cm程)、テカミ等でした。

 

 6/18日は疲れから休もうかと思っていましたが、起床するなり妻の「行くか」で出撃が決まりました。時間も遅かったため、別の場所に行くこととし、最近出かけていない東側の海岸です。初めての釣具屋で砂虫を50g購入し、初めての福間港へ。

 駐車場が広いのですが釣り桟橋より遠いため多くの車が路駐しています・・・。波止にもぎっしりと釣り人が並んでおり、2名分のスペースを見つけて釣り開始です。しかし、釣れるキスはピンばかりで30cmほどのマゴチを釣ったところで場所代わり。

 次は宗像大社近くの釣川河口ですが、ここもピンばかりで、神湊港へ。有料駐車場へ停めたため、最後の場所とし餌切れまで投げます。最大20cmでしたが、多くは15cm以下で、呑み込んでいた20匹ほどをキープして納竿としました。東部海岸は情報収集を行う必要を痛感しました。

 

 釣り方は3日とも引き釣りで、針は自作4~5本針。妻は餌付けがしやすい競技キスSP9号、私は軽いアスリートキス9号です。15cm以下の針をのみ込んでいない魚はリリースしました。

博多周辺のキスⅡ 博多周辺のキスⅡ
Vol.188 マナー順守

2017.06.19UP

TERASU様からのユーザーレポート

釣行日:2017年6月11日(日)
釣行時間:AM8:00~PM12:00
釣行場所:水橋
天候:晴れ
潮:大潮
釣果:タイ9匹 クロダイ1匹

 

 漁師さんがよほど頭に来たのでしょうね。網にルアーや針、錘が引っ掛かっていて危なくて作業できないとフィッシャリーナに警告文が来ました。刺し網に係船フックを掛ける人が後を絶たないのですが、さすがにこの警告文が効いたのか今日は近くに誰もいませんでしたね。

 

 刺し網の近くにいると間違いなく怒られるのでかなり離れて完全フカセを実践。水深は40Mですが、駆け上がりは60Mほどある場所で釣り開始。暫く当たりがなく、静寂の時間が。ぽけーっとしているといきなり当たり。首を振るので鯛かな?と思うと大当たり。46CMの食べごろサイズ!そのあとコマセが効いてきて30CM程の鯛の入れ食いとなりました。ただ、潮が流れているのが35M~70Mと釣れる棚がバラバラ。70M手でちょこちょこ糸を出すのはなかなか苦労しました。

 

 その後、父と船長が40CM程のクロダイを釣り、船長がフクラギを一匹釣った頃に北風が吹いてきて釣り終了。北風が吹いて船が回るとどうしてもフカセは仕掛けが絡まりますね…。

 

竿:LIGHT GAME BB M190

リール:SC小船 2000XH
道糸:トルネード 船 6号
ハリス:トルネード ベーシック船ハリス 3号
針:アジ極太(ケイムラ)10号

マナー順守
Vol.187 ぶり~!

2017.05.23UP

TERASU様からのユーザーレポート

釣行日:2017年5月22日(日)
釣行時間:AM6:00~PM1:00
釣行場所:四方~水橋
天候:晴れ
潮:若潮
釣果:ブリ1匹 ガンドウブリ1匹 サバ1匹 カサゴ1匹 キジハタ1匹

 

 朝、いつもの釣りポイントに向かうとなんと漁業取締船がいるではありませんか!最近、刺し網に係船フックを掛ける釣り船がいて取り締まりが厳しくなっています。なのでその付近での完全フカセは諦め、岩瀬方面に向かいましたが、魚探に何の反応もなしでした。

 

 そこで今まで行ったことのない四方沖に行くことに。サヨリ釣りでならよく行きますが沖合に行くのは初めてです。船が沢山いて、完全フカセでフクラギを釣っているのが見えたのでその付近でやることに。

 いつもの場所と違い、水深は40M程でしたが、潮の流れが速く、60M以上道糸を流しても底につきません。更に流して70Mにきて、流石に底についたと思いクラッチを上げて一分もしないうちにすごい当たり!思いっきり船の周りを走るので父と船長の仕掛けが途中で絡み、針を外しながら巻いてはドラグが出ていくの繰り返し。ガンドウブリかな?と思いハリス3号なので無理せずゆっくり格闘すること20分。タモを持っていた父の目の前にプカリと頭が浮いてすかさず入れてもらいました。

 

 ガンドウにしてはでかいなと思い、測ってみると73CM!初めてブリを釣りました。その後、もう一回仕掛けを入れるとまたあたりが。今度は65Mできました。また船の周りを走るのでブリだと思いゆっくり上げると今度は62CMのガンドウブリでした。

 

 その後あたりがなくなり、いつもの水橋のポイントに戻ると全然潮が流れておらず、当たりがないのに餌だけ取られます。これじゃいかんと思い、底付近を狙うことにすると立て続けにカサゴとキジハタが釣れました。父がダメもとで水深5M で止めて待つと、40CM程のサバが釣れました。父は散々な釣果でしたが私は満足の釣果でした。ただ一つ文句があるとしたら、富山のブリは冬の寒ブリというだけに、冬に釣れてほしかったなぁ・・・(#^.^#)

 

 ブリの突っ込みにも負けないアジ極太、青物釣りに欠かせません!大分減ったので買い足しまーす。

 

竿:LIGHT GAME BB M190
リール:SC小船 2000XH
道糸:トルネード 船 6号
ハリス:トルネード ベーシック船ハリス 3号
針:アジ極太(ケイムラ)10号

ぶり~! ぶり~!
ぶり~!
Vol.186 数年ぶりに船のガシ狙い

2017.05.16UP

懐かしガッシー様からのユーザーレポート

 ゴールデンウイーク中の5月2日快晴に恵まれたので、自身数年ぶりに和歌山・加太へガシラを狙って釣行してきました。

 

 私自身、25年ほど前に友人に連れられ船釣りを初めてしたのが加太の船でした。当時はたくさんのガシラ狙いの船があって、加太港は夜が明けるまだ暗いうちから多くの釣り人で賑わっており、初心者だった私もガシラ釣りの魅力にハマりよく釣行していました。
 しかし、残念ながら今はガシラ専門に釣らせてくれる乗合船がほんのわずかになって非常にさびしく思っています。
 当日の私は船で推薦された加太流ガシラ胴突2本針仕掛けと、前もって大型釣具店で購入していたささめ針のイシモチ・カサゴ五目(ケイムラフック)12号ハリス2号モトス3号を使用して釣ることにしました。

 

 加太沖のポイントに着くと、乗船者の皆さんと同じように船で配られた当時と同じ塩漬けのサバの切り身を、2本の針にチョン掛けして釣りを開始。しかし、なかなかアタリが来ず、食いはもうひとつでした。
 船長は頻繁にポイントを移動して釣らせてくれていましたが、ベテランの常連さんたちを除いては潮の動きがイマイチだったため、終始全体的に食いはやや低調気味でした。
 そんな中でククッと竿先に来たここち良いアタリを確実に捉え、なんとか私も納竿までに写真のような土産をゲットすることができ、久しぶりに懐かしいガシラオンリーのアタリを楽しむことができ納得の釣行となりました!

数年ぶりに船のガシ狙い 数年ぶりに船のガシ狙い
Vol.185 キスの数釣り

2017.05.16UP

こばちゃん様からのユーザーレポート

 今週もキス釣りを楽しんできました。

 

 5/13は一人で博多湾の大岳です。朝5:30から竿を振ります。この日は100m辺りにシモリがあり、その周辺でアタリが多いポイントです。数投してやっとアタリがあり18cm程のキスを釣り上げますが、後が続きません。この日は周囲に他の釣り人がいないため、移動しながら探っていき、10:30の納竿までに12匹+飲んでいたピンが数匹でした。

 

 5/14は妻と唐津湾の高島です。7:50の一版船で渡り、釣り開始です。ここでは1投目からアタリがあり、次々とキスが釣れてきます。潮止まり頃にはアタリが遠のきましたが、納竿した14:30までに25cmを筆頭に70匹以上+ピン20匹ほど釣れました。ただ今日も型妻に負けました。(妻25cm・私24cm)リベンジを計画中です。

 

 釣り方は両日とも引き釣りで、針は自作4~5本針。妻は餌付けがしやすい競技キスSP9号、私は軽いアスリートキス9号(妻は餌が付けにくいと使いたがりません)で、9号を使うのは少しでもピンが掛からないようにとの思いからです。(餌も付けやすいし)

キスの数釣り キスの数釣り
1 / 2012345...1020...最後 »