menu

  • ボウズのがれ

FIELD STAFF REPORT フィールドスタッフレポート

Vol.119 初釣り

2019.01.22UP

福島 義則(船カレイ)のレポート

 

新年おめでとうございます。

 

改めましてささめ針フィールドアドバイザーをしております岩手県盛岡市在住の福島義則です。

今年も宜しくお願い致します。

 

120日に大船渡市三陸町小石浜のやまきゅう龍神丸さんに乗船してタラジギングに出掛けて来ました。

 

この時期の真鱈は産卵の為、生息域の水深200前後から100㍍前後まで接岸しており、運が良ければ白子がまだ入っているオス鱈を狙えるのです。

しかし産卵後の荒喰いモードに入っている訳ではないので、日によって喰い気にバラ付きがあるようです。

またこの時期は冬型の荒れる天候の為、残念ながら釣行予定日に出船出来ずにいたのでした。

(釣れるか釣れないかは天気とタラちゃんのご機嫌次第です)

 

ジギング用品はshout!です。

船頭さんからはジグウエイトは300㌘前後と指定されているので ステイ、ストロボ、フラッシュ、クレイドル、ランスの250340㌘を用意した。

 

 

6時半出船、越喜来湾沖120㍍前後です。

風も波も穏やかで最高の釣り日和でしたが…喰い渋りで魚探にはタラの反応があるもののなかなか喰って来ません。

本日のタラちゃんは超ご機嫌斜めでした!

 

釣果は2444㌔が4匹。

外道でソイとサバが各2匹と寂しい釣果でした。

運良く1匹だけでしたが白子たっぷりのオス鱈が居たので良しとしますか?!

 

年末年始はスキー三昧でした。

NEWヘルメット前面にYAIBA-Xのワッペンを貼りゲレンデでアピールしていました(笑)

初釣り 初釣り
初釣り 初釣り