menu

FIELD STAFF REPORT フィールドスタッフレポート

Vol.160 「明石 船タコ釣り 後編」

2020.08.12UP

角田 裕介(堤防)のレポート

 浮きアオリイカ釣りの角田です。今回も、明石 船タコ釣りについてご紹介させていただきます。

 今シーズンから新たにチャレンジした明石船タコ釣り。行く度に、この釣りの難しさ、深さを感じ、より一層興味を持たされ、ハマっていく。釣果も、初日の28杯から5回目に50杯釣れるようになり、有頂天になっていると、6回目25杯と初日より下がってしまい落胆、この釣りの難しさを痛感する。

 毎回、釣れるパターンが変わることが、この釣りの難しいところであり、面白さだと思う。

 釣れてる人を観察すると、引出しの多さが釣果の差につながることが分かってきた。タコはイカ同様の色盲だが、エギのカラーにより釣れ方が大きく変わることに気づく。天候の晴れ、曇り、雨。海の濁り方。潮の動き方。水深などなどの状況。季節的な要素。様々なことから、エギのカラーにより、海底で映えるシルエットが変わり、反応が大きく変わる。色の組み合わせ方によっても、タコが見えるエギのシルエットが変わるようだ。

 したがって、自分の好みの色のタコエギやスッテを使い続けることより、釣れてる人の色に、すぐ変えることが大切となる。

 また、タコエギで釣れたり、スッテが有利だったり、テンヤしか釣れなかったりと、船が移動するたびに場所が変われば、釣れるパターンが変わることがあり、いかに、その場所の釣れるパターンを掴むかで、釣果が変わる。

 そして、今回、8月6日 明石東二見の釣り船 西海にて、明石船タコ釣りに挑む。

 今回、準備したものは、タコエギが海底で姿勢良く立つように、爆ノリアシストをタコエギの足に設定したもの、タコハンターにイワシと豚背脂+爆ノリアシストにザリガニのワームを付けたもの、その他スッテ、タコエギ、エギング用エギなど、さまざまな色のものを準備。釣れるパターンを探るために、引出しを多く準備し、周りが釣れていないときは、釣れるパターンを自分で探ったり、周りが釣れてるときは、周りの釣れるパターンを真似したりと、柔軟に対応した結果、竿頭に1杯届かない33杯と納得の釣果となった。

 釣りも楽しいが、帰宅後の明石の高級タコをいただくことも楽しみの一つ。

 刺身、タコしゃぶ、唐揚げ、煮物、酢の物、明石焼き、たこ焼き、アヒージョ、チヂミ、カルパッチョ、餃子などなど…

 明石のタコに、ますますハマってしまいそうです。

 

「明石 船タコ釣り 後編」 「明石 船タコ釣り 後編」
「明石 船タコ釣り 後編」 「明石 船タコ釣り 後編」
「明石 船タコ釣り 後編」 「明石 船タコ釣り 後編」
「明石 船タコ釣り 後編」 「明石 船タコ釣り 後編」
「明石 船タコ釣り 後編」