menu

FIELD STAFF REPORT フィールドスタッフレポート

Vol.168 2020年9月伊良湖堀切海岸釣行

2020.10.02UP

伊藤 幸一(投)のレポート

 皆さん、こんにちは。ささめ針フィールドテスターの伊藤です。

今回は、愛知県・伊良湖堀切海岸へ釣行して来ました。翌日に、ラインメーカーさんの動画撮影が同場所で予定しており、下見がてらの釣行です。地元の方の案内で堀切が回復も早く、釣果も安定しているのでは?とのことでの選択です。直前まで台風12号が北上しており、海況が心配でしたが、何とか釣りは出来そうです。早速準備をして釣りを開始したいところです。ロッド&リールは、S社・スピンパワー405BX+、フリーゲン、ラインはYA社・サーフファイターPE遠投0.5号、PEちから糸0.4~6号、テンビンは、ささめ針・アスリートタングステンテンビン27号をセットしました。仕掛けは、アスリートキスTCフッ素コート5号10本針を使用します。エサは、ジャリメ、青イソメを準備しました。4色ほどキャストして探りますが、ノーバイト。少し移動して、釣れているところ?なのか、キャスターが多く竿を出しています。その周辺でやってみます。2色くらいで良いアタリがありました。低速のリールサビキで探り、巻き上げると12,3㎝から18㎝クラスの5連です。まずまずの釣れ具合に一安心です。釣れない場所や釣れない時間帯もありますが、明日の動画撮影に向けた下見は十分手ごたえを感じ終了しました。また、下見では、小フグに邪魔され連掛けのチャンスを逃していると考え、明日はビクトルキス6号自作仕掛けで、何も装飾を施していない仕様でスタートしようと決めました。この方針が吉と出るか?撃沈となるか?は、後日、放映されます山豊テグス公式You Tubeチャンネルをご覧くださいませ。 

ささめ針・フィールドテスター 伊藤幸一

2020年9月伊良湖堀切海岸釣行 2020年9月伊良湖堀切海岸釣行
2020年9月伊良湖堀切海岸釣行