menu

FIELD STAFF REPORT フィールドスタッフレポート

Vol.170 新たな釣り仲間とヒラメ釣り

2020.10.22UP

福島 義則(船カレイ)のレポート

1021日に宮城県塩釜市の丸洋丸さんに乗船してヒラメ釣りに出掛けて来ました。

 

今回のメンバーさんは盛岡市役所の現役2人とOB4人の6人です。

 

現役の佐々木さんとは近所の焼き鳥屋さんの『馬こ』でお知り合いになりました。

 

佐々木さん含め他の皆さんも仙台湾でのヒラメ釣りは経験が無く、地元岩手で苦戦が続いていたそうです。

 

私が『馬こ』でヒラメの刺身をお振る舞いして大漁話しをしていたら、佐々木さんから「是非ご一緒させてください」と言われ今回の釣行になりました。

 

なんと!佐々木さんは私と同じ竿を釣具店で注文したそうですが、メーカーの手違いで今回は間に合わなかったそうです。

 

4時半出船 名取沖の漁礁周りからスタート。

仙台湾のヒラメは数、型共に落ちている印象でした。

 

釣果は私10枚、現役の佐々木さん6枚、三條さん3枚、OBの皆さんは310枚でした。

 

10月も半ばを過ぎているのでヒラメの釣果は下り気味でしたが、全員安打で皆さんから喜ばれホッとしました。

 

盛岡に帰宅後、『馬こ』で佐々木さん提供のヒラメの刺身をご馳走になりました!

 

6月から活きイワシを使用したヒラメ釣りをしてきましたが、これからは白子たっぷりの真鱈を狙おうと思っています。

新たな釣り仲間とヒラメ釣り 新たな釣り仲間とヒラメ釣り
新たな釣り仲間とヒラメ釣り