menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

1 / 2312345...1020...最後 »
Vol.228 シーズン初の境水道釣行

2018.04.23UP

OIDON様からのユーザーレポート

 4月21日(土)今シーズンは、4月になっても近場のキスが全く釣れないので、釣り倶楽部の会長と境水道へ釣行する事にしました。 何時も会長の車に乗せて貰っての釣行なので、今回は私の車で行く事にしました。 西区の自宅を0時頃に出発し土山インターから姫路バイパス、播但道福崎インターから中国道から米子道を一気に走り米子で定番の吉野家の牛丼を購入しポイントの台場へ4時前に到着しました。 直ぐに朝食の牛丼を食べ4時半頃から会長はタックルの準備をし明るくなり始める頃から引き釣りでキスを探り始めるとの事なので、私は、境水道に来ると必ずキスを探る島根県側のポイントで早朝だけキスを探る事にしました。 流石に土曜日なので、境水道大橋を島根側に渡ると各ポイントには殆んど釣人が居られました。 マイポイントに到着すると地元播磨新島でお会いする2人の方が居られましたので挨拶をして少し離れたポイントで引き釣りを始めると1投目から小型キスのアタリが有るも中々掛かりませんでしたが、2時間程度で23センチ最大で8匹のキスが釣れました。 それから会長の居る台場へ戻ると会長も順調にキスが釣れているとの事で、私も急いでタックルの準備をし引き釣りを始めると1投目から強いアタリが続き2投連続で20センチ超のキスが釣れ会長も良型キスを釣り上げます。 しかし潮の流れが刻々と変化しアタリも少なくなり10センチ前後のキスが当たるものの中々掛からず良型キスのアタリも少なくなり昼前に納竿としました。 釣果の方は会長が20匹で私が18匹という結果でしたが、久しぶりのキスのアタリを満喫する事が出来ました。 今シーズンは、良型キスの釣れるGW以降に再釣行したいと思います。

 

【釣 果】 キ ス 18匹「10~23センチ」

【 竿 】 トーナメントサーフ T33-385「改」

【リール】 キススペシャルCE

【道 糸】 ゴーセン砂紋PE1.5号

【モトス】 ゴーセンホンテロン3号

【ハリス】 ゴーセンホンテロン1.5号

【仕掛け】 ささめキスイレグ10号赤「自作3本針

【 餌 】 石ゴカイ「1匹付け」

シーズン初の境水道釣行 シーズン初の境水道釣行
シーズン初の境水道釣行 シーズン初の境水道釣行
Vol.227 キスが釣れました

2018.04.23UP

スパイカー様からのユーザーレポート

 天気予報が抜群の釣り日和だったので、4月21日土曜日に今シーズン2回目のキス釣りに出撃しました。場所は前回と同じ防波堤、前回と違うのは晴天、最高気温29.2度、海水温16度でした。

 現地到着9時前、武装は、竿は365のCX+の黄色、根掛かりが無く海藻も少ないので道糸0.6号PE 錘は30号の遊動 針はもちろん「ビクトルキス6号」50本連結の3本針仕掛が主砲でもう一本置き竿+で攻撃を開始しました。一投目からコツンのあたりで16㎝、二投目は17㎝クラスの2連と続き気持ちの良いスタートとなりました。しかし群れが小さいのか単発となり少しずつポイントを変え前回の倍は釣りたいと投げ続けました。10時30分頃4色付近でコツンッとあたり追い食いを待ち、2回目のココン、3回目のグイッを確認し三本針なので巻き上げると365のCXに重みを感じ締め込みが伝わり、抜きあげると20㎝クラスが3連、「ビクトルキス6号」が口の中にしっかりと掛っていました。置き竿のドラグを鳴らし連掛けしたり、午前中は結構忙しく、前回の倍の20匹を確保し、三倍の30匹も「楽勝やな!」と思ったとたんにアタリが遠のき、素針が増えてきました。昼からは30分に1匹とペースダウンし、夕間詰めのチャンスタイムで挽回と気合で投げた17時ごろ、イルカが出現!「これはアカンわ」とポッキリと心が折れ、納竿としました。前回のようにドスコイは釣れませんでしたが26匹+13㎝未満5匹リリース、総重量862gで結構楽しい釣行となりました。キスシーズン開幕したかな? たくさんドスコイギス釣りたいな- 尺ギスも釣りたいなー。

キスが釣れました キスが釣れました
キスが釣れました キスが釣れました
Vol.226 唐津湾のキス

2018.04.23UP

こばちゃん様からのユーザーレポート

 4月21日に唐津湾のキス状況を確かめに釣行してきました。

 いつも通り妻と2人での釣行です。私は405の30号、妻は385の20号のロッドを使用し、餌は砂虫と岩虫で、針は勿論SASAMEの針です。私はアスリートキス8号、妻は競技キスSP8号です。2人とも4~5本針に砂虫と岩虫を付けてフルキャスト。

 2人とも一投目から当りがあり、釣り上げたのは18cm前後のキス、朝マヅメなのに中途半端なサイズです。その後もコンスタントに当たりがありますが方が小さく、連掛けも出来ません。それでもポロポロと釣れているので大型目指して頑張っていると突然妻の悲鳴が「何かに喰われた」と、しばらくやり取りしているとシルバーの魚体が現れ釣り上げたのは60UPのシーバスでした。枝針(ハリス1.0号)に掛かっていたら取れなかったかもしれませんがモトス(2.5号)直結の針に掛かっていたから取れました。針はキス競技SP8号(赤)で、シーバスの暴れにも伸びてませんでした。うーん信頼出来る針です。 その後も釣れ続きキープしたのは52匹でした。22日の日曜は別の場所で大型狙ってみます。

 

当日の仕掛け  SASAME競技キスSP(8・9号)4、5本針(自作) アスリートキス(8号)5本針(自作)

唐津湾のキス
Vol.225 境水道のキス釣り

2018.04.20UP

T.M.444様からのユーザーレポート

 4月19日は島根県松江市境水道の森山岸壁に釣行いたしました。

  岸壁西端の反転流狙いで釣り座を構え、75m付近の根の隙間のポイントに3本置き竿で青虫を半分に切って2本チョン掛けにします。 10時30分頃の下げ潮が緩みにかかった頃、25cmを筆頭に計6匹の釣果です。 1本竿で引いたほうがサイズはやや落ちますが、数は伸ばせそうです。 置き竿で狙う際も投げっぱでなく時折誘いをかけたほうがヒトデや巻き貝等回避できます。 境水道はシモリ根が多く潮の流れが速いので難易度は高いのですが置き竿、引き釣りどちらのスタイルでもそれなりの釣果を得ることができるので、サーフ開幕前のGWの釣行に如何でしょう?

  仕掛けと鉛、力糸は多目に持参することをおすすめします。

 

仕掛け(置き竿)

針 ①ササメ 大キスS

   ②カン付き丸セイゴ13号

以下いずれも

ハリス 4号

モトス 7号

装飾 夜行玉 2本針

 

 ササメの上記2点の針は針先が鋭く、キスはもちろんカレイ、スズキの口にしっかり掛かり、シモリ根にひっかけても針先の鋭さは衰えません。 置き竿大物釣りの定番として愛用させてもらっています。

境水道のキス釣り 境水道のキス釣り
境水道のキス釣り
Vol.224 平成30年度スタートはキス(唐津湾)

2018.04.16UP

こばちゃん様からのユーザーレポート

 平成30年度スタートしましたが当方は土日出勤のため釣りのスタートは代休となった13日(金)です。

 いつも通り妻と2人で行先は唐津湾です。現地に着いて下車したところ、天気予報以上の風が吹いています。移動して風の弱いところで釣り開始。私は405の30号、妻は385の20号のロッドを使用し、針は勿論SASAMEの針です。私はアスリートキス8号、妻は競技キスSP8号です。(特売で買っていた(茶)より(赤)がいいとのリクエストにより100本入りを10パック追加購入しました。小遣い無いのに・・・)2人とも4~5本針に砂虫を付けてフルキャスト。

 2人とも一投目から当りがありますが、当たりが小さいうえに乗りません。針を落とすと小型の喰いも上がるため針を落とさず我慢の釣りです。3投目に妻が「少しいい当たり」と言って釣り上げたキスは20cmでした。私も負けずとより丁寧にサビキ18cmを釣り上げました。(今年度も妻にやられるのか)

 その後も当たりは続きますが小型も多く、針が掛かりがいいのはリリースしながら釣り続け12時に納竿するまでにキープが40匹(最大は23CM)でした。博多周辺のキスはこれから上向くでしょう。大型が釣れたらまた投稿します。

 

 当日の仕掛け  SASAME競技キスSP(8・9号)4、5本針(自作) アスリートキス(8号)5本針(自作)

平成30年度スタートはキス(唐津湾)
Vol.223 キスが釣れました

2018.04.09UP

スパイカ-様からのユーザーレポート

 四月7日土曜日に少し早いと思ったけど、待ちきれず、場所は福井県小浜市の早場の防波堤へ今シ-ズン初めてのキス釣りに出撃しました。先週は初夏の陽気でしたが気温は8度、海水温は14度で小雨まじりの曇り空でした。

 0匹覚悟でキスの顔を見ることができればいいなと思い、ゆっくり現地へ11時30分に到着し、竿は365のCX+の黄色、道糸0.8号PE 錘は30号の遊動 針はもちろん「ビクトルキス6号」50本連結の3本針仕掛けで攻撃を開始しました。二投目の4色100m付近でコンッ!プルプルッと今年初アタリで15㎝をゲット「キスおるやん!」しかし後が続かず、ゆっくりじっくり探っても釣れませんでした。 昼食の弁当を食べて少し沖の方へ移動し14時過ぎにやっと久しぶりのコツン!のアタリで20㎝を、その後15㎝を釣り上げ、今日は3匹で終わりかな、北西風が強くなり寒くて心が折れそうになりましたが防波堤の最も沖側に移動し最後の勝負としました。強風の中5色まで投げ、ゆっくり探りながら、風が強くて糸フケが多く「アタリがわからん」とぼやいていた14時40分、4色付近で微妙に「コンッ!」とアタリ。送り込んでから落ち着いて巻き取ると、横走りと締め込みで防波堤際まで姿が見えず、今年初の24.5㎝が釣れました。同じポイントを攻めると微妙なアタリで18㎝クラスの2連や15㎝などが釣れ、爆風の中、あと1匹でツ抜けまでがんばりました。爆風で置き竿が倒れた15時55分、2色まで探ってきて巻き上げようと思った時に再び「コツン!」とアタリ、合わせると365のCXをグイグイ引き込み、まるまる太ったドスコイ体型の24㎝を取り込みました。春先特有の食い渋りでしたが「ビクトルキス6号」は刺さりが良く、口先掛かりでもバレずに取り込むことができました。

 爆風の中10匹釣れたのと寒くて我慢できなかったので16時20分に納竿しました。〇匹覚悟だったのにドスコイ2匹含めてツ抜けしたので満足な釣行となりました。もう少しでキスシ-ズン開幕です、もっとたくさんドスコイギス釣りたいな-。

キスが釣れました キスが釣れました
キスが釣れました キスが釣れました
Vol.222 博多湾のカレイ

2018.02.26UP

こばちゃん様からのユーザーレポート

 2/24日にカレイ狙いで釣行しました。

 場所は最近釣果が出ている志賀島です。朝7:00に到着し、妻と二人(竿は私3本・妻1本)で釣り開始。エサは岩虫、赤虫、青虫の3種類を用意しました。仕掛けは改良カレイイレグ14号と丸セイゴ15号の段差型2本針で、飾りにフェザーリングを入れています。遠近中と投げ分け時々誘いを入れますが上がってくるのはヒトデばかり。今シーズンの釣果は手のひらカレイばかりなので今日もダメかと思い始めたお昼頃に誘いを入れてみると、ヒトデと違う重みがあり、大合わせを入れて巻き上げるとマコガレイ35cmでした。改良カレイイレグが喉の奥にがっちりフッキングしてました。
 1枚だけの釣果でしたが満足いく1日になりました。

 

当日の仕掛け
 段差型2本針(自作)
 SASAME改良カレイイレグ(14号)
     丸セイゴ(15号)2本針
 フェザーリング使用

博多湾のカレイ
Vol.221 まだ釣れる播磨新島のキス

2018.01.22UP

OIDON様からのユーザーレポート

 1月入りキス釣り師にとって厳しいシーズンになりましたが、釣行すれば唯一キスの顔を見る事が出来るのが、播磨新島赤灯台波止と神鋼白灯台波止の水深のあるポイントです。

 神鋼白灯台波止は渡船を利用しますが、播磨新島赤灯台波止は歩いて行けるので、投げ釣り、ルアー、タコ狙いの釣人が平日でも多く釣行されています。

 特に1月に入ってもキスが釣れるので大阪方面からも釣行されてますが一級ポイントには、地元の常連さんが日々釣行されておりポイント確保は難しいです。

 確実にポイント確保するには、北西の風が強い雨の日を選んで釣行すればポイントを確保出来ると思います。

 まだ暫らくはキスのアタリが楽しめます。

 

私の1月直近釣果です。
1月7日15匹「17~21センチ」
1月9日 9匹「17~24センチ」
1月18日8匹「19~23センチ」
1月19日3匹「21~22センチ」
1月20日5匹「16~21センチ」

 

 何れも釣行時間は3時間程度なので、上手く時合いが合えば短時間で数は稼げると思います。

 3本程度の置き竿をされている方が多いですが、私はキスのアタリを楽しみたいので、殆んど引き釣りでキスを狙ってます。

 この時期でも1日釣行で20匹以上釣られている方も有りますが、直近は釣れるサイズ、数共に落ちて来ました。

 しかしながら、この時期でも確実に20センチ超のキスが釣れるポイントは中々無いと思いますので根性のある方は風雨の厳しい日にチャレンジして下さい。

 7日から20日までの釣果を添付しておりますのでご覧下さい。

 

【 竿 】
ニュートーナメントサーフ T30-385「改」
【リール】
キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセン砂紋PE1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめキスイレグ9号赤「自作2本針」
【 餌 】
青虫

まだ釣れる播磨新島のキス まだ釣れる播磨新島のキス
まだ釣れる播磨新島のキス まだ釣れる播磨新島のキス
Vol.220 納竿・釣り始め

2018.01.16UP

こばちゃん様からのユーザーレポート

 年末年始は仕事であったため代休等を利用して釣りに行ってきました。

 納竿は12月27日に妻とアジ釣りです。この日はカゴ釣りで挑みました。場所は仮屋湾で、オキアミを餌にSASAME針のカゴ釣り五目を使いました。潮が流れずあまり釣れませんでしたが2人で3時間で15匹ほどの中アジを釣り上げ2017の釣り収め、アジは刺身で頂きました。

 初釣りは1月6日に平戸まで遠征しましたが見事な貧果で轟沈、今年は・・・・・。それでも懲りずに時間を見つけては数か所に行きましたが何処も轟沈。

 時化明けの15日に唐津湾にキス釣りに出かけました。越冬ギスのポイントは見つけてないので探しながらの釣りです。1ケ所目は1時間で2匹。場所を移動しての2ケ所目でいいところに当たり、コンスタントに当たりが出るようになり2時間でキープ18匹(最大25cm:また妻にやられました。)でした。エサ取りのフグも相当釣れましたが、イイダコも2匹GETしました。来週も唐津湾に出かけます。SASAME針さん、今年もよろしくお願い致します。

 

当日の仕掛け
 アジ釣り
 SASAMEカゴ釣り五目(1号)

 引き釣り
 SASAME競技キスSP(8・9号)4、5本針(自作)
     アスリートキス(8号)5本針(自作)

納竿・釣り始め 納竿・釣り始め
Vol.219 初釣行は播磨新島赤灯台波止でキス狙い

2018.01.09UP

OIDON様からのユーザーレポート

 昨年は、二見方面の落ちギスが9月末から釣れ始めた事で、例年ピークとなる12月中頃には終盤となりました。

 12月中頃を過ぎるとキスが釣れる場所は限定され、例年1月までキスが釣れる播磨新島赤灯台波止に限られます。12月に数回釣行しまずまずの釣果だったのでキスの顔が見れるだろうと思い、元日に初釣行しました。

 元日と言う事で、釣人よりも初日の出を見に来られている方も多く南の端に車が沢山止まってました。取りあえず赤灯台の見える西端まで行き車を止め波止の先端まで行くと現地でお会いする方も来ておられました。釣果を聞くと皆さん数匹釣られているようなので、期待しつつ1投目を投入すると、直ぐにアタリを捉えて20センチ程度のキスが釣れました。

 更に快調にアタリが続き3匹までキスが釣れましたが、その後はアタリが無く前アタリがあっても掛からない状況が続き昼過ぎに納竿としました。

 しかしながら今の時期に20センチ前後のキスが釣れるだけでも楽しみです。

 

12月28日と30日の釣果も添付しております。

【12月28日 釣果】
キ ス 19匹「18~25.5センチ」

【12月30日 釣果】
キ ス 7匹 「19~24センチ」

【1月1日 釣果】
キ ス 3匹 「20~21センチ」

【 竿 】
ニュートーナメントサーフ T30-385「改」
【リール】
キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセン砂紋PE1.5号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめキスイレグ9号赤「自作2本針」
【 餌 】
石ゴカイ「1匹付け」

初釣行は播磨新島赤灯台波止でキス狙い 初釣行は播磨新島赤灯台波止でキス狙い
初釣行は播磨新島赤灯台波止でキス狙い 初釣行は播磨新島赤灯台波止でキス狙い
1 / 2312345...1020...最後 »