menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

1 / 4212345...102030...最後 »
Vol.411 強風の東二見釣行

カンパリ

2020.03.30UP

OIDON様からのユーザーレポート

3月29日(日)釣友のKさんから8時過ぎに今から釣行しますとのメールが入りました。

昨日の雨が早朝まで降っていたので、キスの活性が下がっているだろうと思い釣行予定はしてなかったのですが餌が残っていたので覗きに行く事にしました。

現地に9時過ぎに着くと、なんと前回お会い出来なかった釣友のナベさんが居られ釣友のKさんは、アタリが無いので白灯台波止へ行かれたようです。

ナベさんと話をしながら引き始めますが、全くアタリが有りません。

ナベさんは、既にキスを2匹釣られ私の到着後も2匹追加されましたが後が続かないようです。

釣友のKさんが白灯台波止から強風で耐えられないと帰って来られ引き釣りを始めると行き成りアタッタと言って2匹続けてキスを釣られました。

私は、10時半頃にやっと小型キスが釣れ昼まで引き続けましたが、ナマコ2個とアナゴ1匹でキスのアタリを捉える事なく正午を過ぎてしまいました。

風が少し弱くなりアタリが取りやすくなった12時半頃に本日初のアタリを捉え巻き始めるとアタリは大して強くなかったのですが重量感があり海面に現れたのは久々に大きなキスでした。

直ぐにサイズを測ると25センチ超の丸々したキスで今シーズン最大でした。

直近釣行で一気にサイズ、数共に良くなってきたので、更なる期待をしておりましたが、昨日の雨と強風によりキスの活性が下がりました。

今後の水温上昇と共にキスの活性が上がる事を期待したいと思います。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/3/29

天気 : 曇り

気温 : 寒い

潮 : 中潮

時間 :

場所 : 東二見

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス 2匹「13~25センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ ニュートーナメントサーフT30-380「改」
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス8号「自作3本針」
【 餌 】
石ゴカイ
青  虫

強風の東二見釣行
強風の東二見釣行
強風の東二見釣行
強風の東二見釣行
強風の東二見釣行
Vol.410 キス仕掛けで大物が釣れました

カンパリ

2020.03.28UP

OIDON様からのユーザーレポート

3月26日(木)久しぶりに釣友のMさんが東二見白灯台波止でカレイを狙うとの事で、私も何時もより少し早めに現地行く事にしました。

前回釣行の青虫もダウン状態だったので、当日は石ゴカイを仕入れて9時に東二見に着きました。

当日は、車が多くマイポイントにも常連さん他1名の釣人が居られたので、久しぶりに白灯台波止上からキスを狙う事にしました。

先端に、釣友は入れたようですが、投げ釣り師が2人竿を並べているのが見えました。

私は波止中央内向けでタックルの準備をして探り始めると、この日も1投目からアタリを捉えたものの掛りが悪く外れてしまい半時間程引き続けた頃に強いアタリと共に20センチのキスが釣れました。

その後は、アタリが無く釣友が居る先端へ様子を見に行くと途中に地元のご夫婦が居られバッカンの中を見ると20センチ前後のキス5匹とカレイが入っており元気に泳いでました。

先端に向かい釣友に釣果を聞くも船の往来激しく釣りにくいようで、カレイの釣果は無いとの事でした。

私は、元の場所に戻り再度引き釣りを始めると直ぐにアタリを捉えて2匹追加しました。

今日は、1時間程度で20センチ前後の良型キスが3匹釣れ快調です。

その後は、アタリが無くなり波止根元へ行き引き釣りを始めると直ぐにアタリがあり少し小型ながら2匹のキスを追加しました。

納竿予定の13時となったので予定が有り納竿としました。

私は用事を済ませて再度、16時に東二見へ向かうと釣友のMさんは、カレイを2匹釣られキス狙いをしてました。

流石に16時になると波止上の釣人も少なくなってました。

折角来たので私もMさんの横で少し探ってみると、1投目からアタリを捉え小型キスが釣れました。

Mさんと話をしていると急にMさんがテトラに立って、やばいと言って竿がグイグイと竿先にアタリがあり私もテトラに上がり覗きますが、可なり沖で掛ったようで少しづつ巻き上げますがデカフグがキビレかヒラメかと想像しながら巻上げますが、中々寄って来ません。

当日は玉の枝を忘れており周りを見ても玉を持っておられる方も無くテトラ上を50メートル程テトラの切れる場所へ誘導するように伝えて枝の無い80センチの大きな玉を海面に沈めて魚を玉に誘導する作戦としました。

やっと魚影が見え巨大なチヌと分かり一気に海中に沈めた玉に引き込み取り込みました。

こんな巨大なチヌが細仕掛けのキス針でよく取り込めたもです。

今年は釣友の63センチのヒラメや地元の男性が釣られた55センチのチヌ、更に今回の54センチのチヌと良くこのような大型魚の取りこみ時に遭遇し玉入れをしました。

今年は、大型魚が良く釣れるので私にも良型キスが釣れる事を期待したいと思います。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/3/26

天気 : 晴れ

気温 : 快適

潮 : 大潮

時間 :

場所 : 東二見

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス 6匹「14~21センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフTⅡ30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス8号「自作3本針」
【 餌 】
石ゴカイ
青  虫

キス仕掛けで大物が釣れました
キス仕掛けで大物が釣れました
キス仕掛けで大物が釣れました
キス仕掛けで大物が釣れました
キス仕掛けで大物が釣れました
Vol.409 今朝も東二見でキス狙い

カンパリ

2020.03.26UP

OIDON様からのユーザーレポート

3月25日(水)9時に東二見のマイポイントに到着しました。

既に常連さんが居られたので隣に入れて頂き引き釣りを始めました。

当日は、結構風があり寒い程でした。

1投目は、アタリも無くエサがそのままで上がってきて2投目を投入し引き始めると後ろから釣友のIさんが現われたので驚きました。

Iさんは、橋の西側でカレイを狙われていたので車が見当たらなかったようです。

今日は、早く来られたようで風が吹くと寒い程でしたが、日差しがあるので快適との事でした。

話をしながら引き続けているとコッとアタリがあり巻上げると少し重量感がありテトラ上に行き巻上げると、何とダブルでキスが釣れてました。

2投目でダブルとは、ラッキーと思いながら引き続けますが1時間以上アタリ無く常連さんがアタリ無く納竿された後もアタリ無く予定の時刻となり納竿しました。

今回は、前半好調でしたが、結局時間1匹ペースの釣果でした。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/3/25

天気 : 晴れ

気温 : 快適

潮 : 大潮

時間 :

場所 : 東二見

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス 3匹「15~19センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフTⅡ30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス8号「自作3本針」
【 餌 】
青虫

今朝も東二見でキス狙い
今朝も東二見でキス狙い
今朝も東二見でキス狙い
今朝も東二見でキス狙い
Vol.408 東二見へキス狙い

カンパリ

2020.03.23UP

OIDON様からのユーザーレポート

3月23日(月)10時の満潮時を狙い昼過ぎまで東二見へ釣行しました。
現地に着くと常連さんが、今朝も暗い時間から来られていたようで。
釣果を聞くと、今朝は全くアタリがなく強風で寒かったとの事で、私が引き釣りを始めると直ぐに納竿されました。
潮は、満潮から下げとなるベストな時間なのですが、全くキスの気配無く常連さんが言われたように全くアタリ無く2時間が経過しました。
更に、当日はアオサが道糸に掛り引き釣りでも置き竿でも可なりの量が掛ります。
投入した餌もそのまま上がってきて此処数日と比べてもエサが冷たく感じ海面温度を測ると数日前の15度から11度に低下してました。
やはり昨日の夕方に降った雨の影響と早朝からの強風による水温低下でキスの活性が下がったと感じました。
折角来たので13時まで探って帰ろうと思った時に釣友のKさんが来られました。
Kさんは、4連休だったので昨日も私が納竿した後に来られて夕方までに2匹のキスを釣られたとの事です。
今日は、厳しいですよと話をしながら2人で探っていると突然私の竿に大きなアタリがあり一気に巻上げると丸々した〇ボー逃れの22センチのキスが釣れました。
今日は、久しぶりに〇ボーだと諦めてましたが、僅か1匹ですが5ミリアップの今シーズン最大のキスが釣れました。
やはり急激な水温の低下で、キスの活性が悪くなったようです。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/3/23

天気 : 晴れ

気温 : 快適

潮 : 大潮

時間 :

場所 : 東二見

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス  1匹「22センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフTⅡ30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス8号「自作3本針」
【 餌 】
青虫

東二見へキス狙い
東二見へキス狙い
東二見へキス狙い
東二見へキス狙い
東二見へキス狙い
Vol.407 今シーズン最大のキスが釣れました

カンパリ

2020.03.20UP

OIDON様からのユーザーレポート

3月19日(木)9時頃に釣友のIさんから東二見へ釣行しているとの連絡が入り直ぐに東二見へ向かいました。

9時半頃に東二見に到着すると釣友のIさんは、カレイ狙いのタックルを4本投入したところでした。

テトラ側のコーナーには、今朝も常連さんが来て居られましたので、コーナーから少し離れた場所で

引き釣りを始める事にしました。

常連さんと話をしながら1投目を投入し引き釣りを始め1色程度引いた時にコッと小さなアタリを捉え暫く止めると再度アタリがありキスの感触があり一気に巻上げ18センチ程のキスが釣れました。

今回も1投目でキスが釣れ嬉しいものの1投目でキスが釣れると後が続かない事が多いのです。

その後は、予測どうり3時間程引き続けて、昼前にやっと2匹目のキスが釣れました。

当日は、13時半頃までしか釣行出来ないのでラストスパートで引き続けて13時頃に強いアタリを捉え巻上げると久しぶりに丸々と肥えたシーズン最大の22センチのキスが釣れました。

やはり当日も1時間1匹ペースで終わりましたが、日々釣れるキスのサイズが良くなるので、今後が楽しみです。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/3/19

天気 : 晴れ

気温 : やや暑い

潮 : 長潮

時間 :

場所 : 東二見

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス3匹「18~22センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフⅡ30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス8号「自作3本針」
【 餌 】
青虫

今シーズン最大のキスが釣れました
今シーズン最大のキスが釣れました
今シーズン最大のキスが釣れました
今シーズン最大のキスが釣れました
今シーズン最大のキスが釣れました
Vol.406 東二見のキスがアタリ始めました。

ユーザー

2020.03.19UP

OIDON様からのユーザーレポート

 3月17日(火)東二見のキスが釣れ始めたので、久しぶりに播磨新島の様子を見に行きました。現地到着は11時で平日なので車も少なく釣人も少ないようです。

 直ぐに波止先端に行くと常連さん数名がキス釣りオンリーの私を見ると直ぐにキスは釣れないよと寂しい言葉を掛けられます。流石に毎日通っておられる常連さんの言われる事は正確で全くアタリ無くエサもそのままで上がって来ます。アジは朝夕にサビキで釣れアジをエサにしてブリやヒラメが釣れているようです。

 播磨新島でキスが釣れ始めれば、キス釣り師が来られていると諦めて東二見へ戻る事にしました。正午過ぎに東二見に着くと天気が良いので結構釣人が来ておられマイポイントのテトラ周辺には、常連さんが居られたので、私は白灯台波止の根元から内向けでキスを探り始めましたが、1時間以上引き続づけるもアタリ無く白灯台波止へ上がり内向けで少しづつ移動しながら探る事にしました。

 当日は小潮で、朝の6時が満潮で22時まで下げ続ける潮なので、殆んど潮が動かない状態です。更に、先端に向かって移動しながら探り続けていると竿釣りの方の竿が大きく曲がり魚が釣れているようなので玉を入れましょうかと近づき海面をみると巨大なチヌが釣れており慌てて玉でキャッチして上げました。釣れたチヌは、巨大で軽く55センチを超えており写真を撮らせて頂きました。

 釣られた方は地元の方で、こんな大物を掛けても全く慌てる事無く落ち着いたもので可なりのベテランさんのようです。更に驚いたのは、スカりを引き上げると、既に巨大なチヌを釣られており今釣れたチヌより更に大きなチヌで驚きました。直近の釣行で63センチのヒラメや本日のチヌと大物の玉入れをする事が多くて驚きます。

 その後、置き竿にしていた竿を軽く合わすと、反応があり20センチ前後の良型キスがダブルで釣れており直ぐに同ポイントに投入し引き始めると直ぐにアタリを捉え単発ですが、2匹追加しました。この時に来られた加古川の男性も続けてキスを2匹釣られたので、今が時合と2人で同ポイントへ投入して引き続けますが、アタリは直ぐに無くなりました。その後も移動しながら17時半まで探り続けて今シーズン最高となる9匹のキスが釣れました。

 まだまだ本格的にキスが釣れる状況では無いもののアタリが少しづつ明確になりました。更このまま気温が安定すれば、3連休あたりには活性が上がりそうです。

 

詳しくは、下記のOIDONの釣行記をご覧ください。
PC/スマートフォン版
http://oidonkisu.livedoor.blog/
携帯版
http://blog.m.livedoor.jp/oidonkisu/

 

「釣 果」
キ ス    9匹「15~21センチ」

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフⅡ30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス8号「自作3本針」
【 餌 】
青虫

東二見のキスがアタリ始めました。 東二見のキスがアタリ始めました。
東二見のキスがアタリ始めました。 東二見のキスがアタリ始めました。
Vol.405 風雨の中でキス狙い

カンパリ

2020.03.16UP

OIDON様からのユーザーレポート

3月16日(月)娘を駅へ送った帰りに東二見白灯台波止へ立寄りましたが、風が強く雨も降っており流石に釣人やワカメ取りの方も誰も居られませんでした。

暫く車中でコーヒーを飲みながら様子を見ていると雨が降ったり止んだり繰返してましたが、10時半頃に青空が出てきたのでタックルの準備をする事にしました。

前回釣行時に、釣友のMさんから頂いた餌が沢山あり少しでも消費しようと引き釣りを始めましたが、空に雨雲が出て雨が降り始めました。

仕方なく車に避難すると直ぐに雨が上がり晴れ間が出ては、雨が降る状況が続く中で数投でキスが釣れました。

その後も雨が降ったり止んだりする中で暫く竿立てに置いたまま車に入っているとアタリがあり急いで巻上げると結構強いアタリでキビレが釣れました。

その後も天気がコロコロ変わりましたが、納竿寸前に強いアタリを捉え21センチの良型キスが釣れ納竿しました。

僅か2時間の釣行でしたが、アタリが明確となり2日連続で20センチ超のキスが釣れました。

気温の上昇と共に更にキスの活性が上がりそうです。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/3/16

天気 :

気温 : やや寒い

潮 : 小潮

時間 :

場所 : 東二見

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス2匹「19~21センチ」
キビレ1匹「24センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフⅡ30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス8号「自作3本針」
【 餌 】
青虫

風雨の中でキス狙い
風雨の中でキス狙い
風雨の中でキス狙い
風雨の中でキス狙い
風雨の中でキス狙い
Vol.404 東二見でキス狙い

カンパリ

2020.03.15UP

OIDON様からのユーザーレポート

3月15日(日)午前中は天気が良さそうだったので東二見へ釣行しました。

娘を駅まで送り9時に東二見へ行くと既に釣友のMさんとKさんが来られてました。

釣友のMさんは、今日は白灯台波止でカレイ狙いをされておりKさんは対岸でキスを狙っておられました。

私は何時もの如く竿1本の引き釣りなので、常連さんが居られるテトラの横で引き釣りを始めると当日は2投目で幸先良くキスのアタリを捉え18センチのキスが釣れました。

しかし後が続かず1.5時間引き続け11時過ぎに2匹目の15センチの小型キスが釣れ更に潮が動き始めた正午を過ぎた頃に強いアタリを捉え21.5センチのキスが釣れました。

今回も、1時間1匹ペースでキスが釣れたものの数は満足出来るものではありませんが、サイズ的にはシーズン最大の21.5センチのキスが釣れました。

キス釣果は、まだ数は望めませんが、釣行の度に僅かづつですがサイズアップしアタリも明確になって来ました。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/3/15

天気 : 晴れ

気温 : 快適

潮 : 中潮

時間 :

場所 : 東二見

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス   3匹「16~21.5センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフⅡ30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス8号「自作3本針」
【 餌 】
青虫

東二見でキス狙い
東二見でキス狙い
東二見でキス狙い
東二見でキス狙い
東二見でキス狙い
Vol.403 東二見でキス釣り

カンパリ

2020.03.11UP

OIDON様からのユーザーレポート

3月11日(水)朝から天気が良さそうなので、10時過ぎに自宅を出て二見へ向かいました。
二見に近づくにつれ雲が出始めましたが、大した事無いと思い当日は、白灯台へ渡る橋の手前でキスを探る事にしました。
タックルの準備を初めると雲が出始めて小雨が降り始めましたが、釣場の上に橋があるので多少の雨でも大丈夫なので早々に引き釣りを始めましたが、全くアタリが有りません。
当日は、向いのテトラにも常連さんが居られ播磨新島で良くお会いする地元のご夫婦も来られているようです。
更に橋の少し西側にも、投げ竿を4本並べられている方も居られるようです。
1時間程引き釣りでキスを探るもののアタリが無いのでマイポイントの白灯台波止根元へ移動する事にしました。
直ぐに1投目を投入し橋の下に居られる地元のご夫婦に様子を聞きに行きましたが、やはり今日もキスは厳しいようです。
私は何とかボウズを逃れようと引き釣りを続けて納竿間際にアタリが出始めて2回続けてアタリを捉えボウズ逃れのキスを2匹釣る事が出来ました。
前半は、全くアタリを捉える事が無かったのですが、潮が引きに入り動き始めるとアタリ始め前回釣行よりもサイズの割にアタリが明確になりました。
水温が上がれば更に活発になるかと思います。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/3/11

天気 : 晴れ

気温 : 快適

潮 : 大潮

時間 :

場所 : 東二見

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キス2匹「18センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフⅡ30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス8号「自作3本針」
【 餌 】
石ゴカイ

東二見でキス釣り
東二見でキス釣り
東二見でキス釣り
東二見でキス釣り
Vol.402 東二見のキス釣果

ユーザー

2020.03.09UP

OIDON様からのユーザーレポート

 3月6日(金)当日は、天気もよく暖かくなりそうなので、釣友のMさんと東二見へ釣行する事にしました。

 釣友のMさんは、8時頃に現地に到着しており私も急いで現地に向かい9時頃に現地に着くと少し風があるものの日差しがあり暖かくなりそうで、白灯台波止には釣りとワカメ取りの方が数名居られました。

 Mさんは、既に朝一キスを釣られたとの事で、私も急いでタックルの準備をして元気な石ゴカイを分けて頂き引き釣りを始めたものの初アタリは11時半頃で、やっと18センチのキスが釣れました。

 その後も1時間1匹ペースで、何とか3匹のキスと小さなマコガレイが釣れました。更に、引き続けますが、2時間程あたりが無く納竿しようかと思いましたが、15時前に結構強いアタリを捉え巻上げると良く肥えた当日最大の19センチのキスが釣れました。

 これで前回釣行の釣果を上回ったので数投で納竿しようと引き続けていると潮が動き始め17センチと18センチのキスが連続で釣れ16時過ぎに納竿としました。

 当日は、快晴で気温も上昇し快適な釣行となりましたが、キスの活性が上がるのは、まだ暫く先のようです。

 

「釣 果」
キ ス   6匹「17~19センチ」
カレイ   1匹「15センチ」

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフⅡ30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.5号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめキスイレグ9号赤「自作3本針」
【 餌 】
石ゴカイ

東二見のキス釣果 東二見のキス釣果
東二見のキス釣果 東二見のキス釣果
1 / 4212345...102030...最後 »