menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.250 境水道で五目釣り

2018.09.27UP

OIDON様からのユーザーレポート

 今シーズンは、年始からの強烈な冷えこみの影響で5月になってもキスの活性が悪く6月になっても活性が悪いままで、7月からは次々と発生する台風や大雨の影響や地震もあり更にキスが釣れなくなってしまいました。
 9月に入りやっと落ち着くかと思ったら秋雨前線の居座りで中々晴れ間が出なく釣行する事も無くが半月が経過しました。
 釣友からの情報でも近場の二見、高砂、淡路島共にキスの活性が悪くチャリコやテカミが主でキスが釣れないとの情報ばかりで釣行を控えてました。
 今年は、タコ、イカ、タチウオ共に釣れないようです。
 例年ならば、淡路島の各ポイントで数は少ないものの25センチ程度の良型キスが釣れ始めますが、今のところ期待出来ないようです。
 先日も釣り倶楽部のメンバーが津名港の砂積場へ釣行しピンギス主体で25匹程釣れたとの事ですが良型キスは何処へ行ったのかと嘆いてました。
 前回の台風により護岸上に打ち上げられていたゴミについては、撤去され海水の濁りはあるものの少しは落ち着いてきているようです。
 今の時期に半月も釣行しないのは初めてなので、そろそろ限界となり今回は先輩と皆生温泉へ旅行する事になり折角皆生温泉まで行くので早めに出発し午前中だけでも境水道でキスを狙って釣りをする事にしました。
 18日は天気が良さそうなので、0時に先輩を迎えに行き4時頃に釣場に到着出来るようにノンストップで250キロ走りました。
 米子インターを3時に通過し先ずは大好物の吉野家牛丼を購入し予定どうり釣場には4時に到着しました。取りあえず腹ごしらいをして夜明けを待ちました。
 天気予報どうり午前中は雲が多く霧が発生し気温17度で快適なスタートとなりました。しかし1投目からアタリはあるもののチャリコが釣れ続き中々キスがアタリません。先輩も飛ばし浮きでチャリコが釣れてましたが、明るくなり始めると良型のベラが釣れ始めました。投げ釣りでも中々釣れないような良型の青ベラが順調に釣れ続いてます。
 私も明るくなってからキスが釣れはじめましたが、小型キスが主体です。潮の流れが弱くなり始めて直ぐに久々に強いアタリを捉え22センチのキスが釣れました。
 その後もチャリコ、ベラ、イサギ、が釣れ続ける間に20センチのキスも追加しアタリ続きました。
 9時頃になると霧が晴れて、気温が上昇し久しぶりに夏日となり数か所ポイントを変えてパラパラとキスの追加も出来て昼頃に納竿しました。
 今回の釣行は、大型キスは釣れませんでしたが、久しぶりに良い天気で釣行が出来ました。
 今回のキスの魚体を見る限りスマートでしたが、もう暫くすると丸々とした体形に変身すると思いますので、年内にもう1度釣行したいと思います。

 

キ  ス    13匹「~22センチ」
ベ  ラ     8匹「~23センチ」
イサギ      5匹
鯖フグ      2匹
チャリコ    13匹
ウマヅラハギ 1匹
サンバソウ  1匹

 

【 竿 】
ダイワ ニュートーナメントサーフT30-385「改」
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセン砂紋PE1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめキスイレグ9号赤「自作2本針」
ささめビクトルキス9号「自作2本針」
【 餌 】
石ゴカイ「1匹付け」

境水道で五目釣り 境水道で五目釣り
境水道で五目釣り 境水道で五目釣り