menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.255 境水道と七類湾での投げ釣り

2018.10.24UP

T.M.444様からのユーザーレポート

 10月2日、島根県は境水道と七類湾に投げ釣りで釣行いたしました。
 新しく作成した越冬キス釣りの仕掛けのテストも兼ね、まずは境水道森山岸壁へ向かいます。
 AM6:40より岸壁西端に釣り座を構えテスト用仕掛け、ササメ、ビクトルキス9号3本針に青イソメを1/3にカットし100m弱付近へキャストします。
 着水後は潮の流れに乗せつつゆっくりと探っていきました。
 この日はフグのエサ取りがとても多くアタリがあってもフグのアタリとわかるクククッといったアタリで回収してもフグが2連等で掛かってきます。
 仕掛けを止め置き竿にしようならいとも簡単にエサはすべて持って行かれるので常に誘いながら針のロストを最小限に抑えました。
 左右投げ分け、その中でも70m付近から単発ながら20センチオーバーのシロギスの小気味いいアタリもあり楽しませてくれます。境水道ではシモリ根も多く釣りになりにくい場所もあるのでできるだけ根の少ない場所を選び、仮に根に掛かりかけたら竿を煽ってかわします。
 アタリが途絶えたAM8:30頃、ちょうど現場での干潮下げ止まりの時間帯にビニール袋でも引っ掛けたような重さが手に伝わり、回収するとなかなか浮いて来ず、足元まで来たときに見えたのはカレイでした。
 そのまま抜き上げサイズを測ると30㎝ジャストの早場カレイです。ビクトルキス9号をがっちり飲み込みすっぽ抜けることもありませんでした。時合いで活性が高まったと判断し同じ場所を探るも何も当たらなかったので七類へ移動します。
 ここではキスのサイズはやや落ちるものの元気のいいキスのアタリを堪能、12㎝~20㎝までのキスもしっかり掛けてくれます。ここでも20㎝強の真鯛が掛かり、20㎝にもなれば結構な引きを見せます。問題なく回収できこちらも真鯛の口にがっちり掛かってくれていました。11時40分頃まで釣りをし雨も降ってきたので納竿としました。
 今回、新しく購入し仕掛けを作成したビクトルキスは根の多いフィールドでも針が鈍りにくく、多少の大物でも十分な強度もあり今後港湾や越冬キス釣りに使えそうだと確信いたしました。キスを回収時に若干バレることもありましたが腕の範囲内かと思われしっかり喰わすことが重要なのかと思いました。
 早場カレイの姿は見ることができましたが境水道、七類共にまだ落ちギスの傾向は見られなかったのでもう少しサーフで楽しんでから港湾、水道釣りに移行しようと思います。

 

時間   6:40~11:30
釣行場所 境水道森山岸壁 七類湾北側防波堤
釣果   シロギス22㎝~12㎝ 17匹
     真鯛20㎝強 2枚
     カレイ30㎝ 1枚
餌    青イソメ(1/3カットし針付け)
仕掛け  針 ササメ ビクトルキス9号
     ハリス フロロカーボン2号3.5㎝
     モトス フロロカーボン4号
     針間隔 35㎝ 天秤から上針まで砂ずりなしの120㎝
装飾   先端蛍光ビーズ
     2本目装飾なし
     3本目 金ビーズ
鉛    誘導海草天秤25号シモリ玉付き
ライン  PE1.2号 力糸4号
リール  ドラグなし投げ専リール
ロッド  振出し竿27号4m 

境水道と七類湾での投げ釣り 境水道と七類湾での投げ釣り
境水道と七類湾での投げ釣り 境水道と七類湾での投げ釣り