menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.267 新年も播磨新島でキス釣り

2019.01.11UP

OIDON様からのユーザーレポート

 

1月9日(水)近場の播磨新島へ15時過ぎから釣行しました。

播磨新島に着くと流石に15時を過ぎていたので、車も少なく波止先端に向かう場所に殆んど釣人は居られませんでした。

波止先端には、大物狙いの方が1名と投げ釣りの方が2名居られるだけでした。

投げ釣りの方は、釣友のIさんと播磨新島釣行で良くお会いする方と2人だけでした。

日没まで釣る時間が2時間程しかないので急いでタックルの準備をしますが、北風が強くて手が悴み鼻水が出る程の強烈な寒さの中で大きな石ゴカイを選び3本針に付けて1投目を投入し錘の着底を待ちラインを張りながら引き釣りでアタリを待つと直ぐにキスの前アタリを捉え巻上げると1投目から17センチのキスが釣れました。

更にアタリは続き10投でダブル1回で7匹のキスが釣れ続きました。

その後もパラパラとアタリを捉え17時を過ぎて暗くなる寸前までに11匹のキスが釣れ短時間でしたが、満足出来る釣行が出来ました。

この調子ならば、暫くはキスのアタリが楽しめそうです。

 

【 竿 】

ダイワ ニュートーナメントサーフT30-385「改」

【リール】

シマノ キススペシャルCE

【道 糸】

ゴーセン砂紋PE1.2号

【モトス】

ゴーセンホンテロン3号

【ハリス】

ゴーセンホンテロン1.5号

【仕掛け】

ささめキスイレグ9号赤「自作3本針」

ささめビクトルキス9号「自作3本針」

【 餌 】

石ゴカイ「1匹付け」

 

新年も播磨新島でキス釣り 新年も播磨新島でキス釣り
新年も播磨新島でキス釣り 新年も播磨新島でキス釣り