menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.293 播磨新島でシーズン最大のキスが釣れました。

2019.08.07UP

OIDON様からのユーザーレポート

 8月6日(火)台風の接近で曇っているものの雨の心配は無さそうだったので、播磨新島へ釣行する事にしました。途中で餌を購入しましたが、石ゴカイが細く久しぶりに青虫を購入して播磨新島に7時過ぎに到着しました。車は結構多かったものの波止へ降りる近くに止める事が出来て歩く距離が短縮出来やれやれです。

 波止先端に着くと何時も居られる常連さんが誰も居られません。波止右先端でサビキ釣りの方が1名居られるだけでアジやイワシが釣れてるようです。やはり台風の接近で釣行を控えられてる方が多いと思いますが、当日は適度に風があり曇っていたので日差しも大した事なく久しぶりに快適な釣行が出来そうです。

 取りあえずマイポイントで引き釣りを始めましたが、全くアタリ無く時間が過ぎて行きます。時間的には、潮が中へ入ってくる時間なのですが、全く潮が動きません。やむを得ず沖向けで引き釣りを始めると直ぐに15センチ程度のキスが釣れました。

 その後もパラパラと単発でキスが釣れる中でホウボウやガンゾウヒラメや釣れたキスを巻上げているとゴンと強烈なアタリで竿先が引き込まれそうになり釣れたキスを咥えたヒラメの姿を見た瞬間にプチとハリスが切れてしまいました。

 過去にも同仕掛けで38センチのマコガレイを釣り上げた事が有りますが、引きや重量感が全く違ってましたので軽く40センチを超えるサイズだったと思いました。

 その後も釣れたキスを大きなエソが飛びついて釣り上げましたが、無造作に蹴飛ばしてしまい海に落ちました。

 それからが、キスの爆釣タイムの始まりで潮目の中に錘を投入し着底すると直ぐに大型キスの前アタリがあり後にゴゴーンと強烈なアタリで巻上げる途中にも竿先を1メートル引っ手繰られるようなアタリで巻上げると水面にダブルでキスが上がってきました。即、クーラーのメジャーで測ると27センチありもう1匹は、20センチでした。その後も単発でキスが釣れ続く中で再度、強烈なアタリを捉えて26センチの丸々したキスも釣れました。

 途中で、この活性なら餌切れになると思い2本針に変え最後は1本針で納竿の11時まで頑張りました。今日の釣行は、活性が良かったのか色んな魚やシーズン最大のキスが釣れ更には、周りのタコ釣り師も可なりの数を釣られてました。

当日は、20センチ超のキスが5匹釣れ久しぶりにキスのアタリを満喫出来ました。この調子で更にキスの活性が上がって欲しいものです。

 

「釣 果」
キ ス   23匹「15~27センチ」

【 竿 】
ダイワ ニュートーナメントサーフTⅡ30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセン砂紋PE1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめキスイレグ9号赤「自作2本針」
ささめビクトルキス9号「自作2本針」
【 餌 】
青虫

播磨新島でシーズン最大のキスが釣れました。 播磨新島でシーズン最大のキスが釣れました。
播磨新島でシーズン最大のキスが釣れました。 播磨新島でシーズン最大のキスが釣れました。