menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.303 不調の淡路へ落ちギス調査

2019.11.11UP

OIDON様からのユーザーレポート

 11月8日(金)自宅を5時に出発して北淡周りで久しぶりに淡路島の落ちギス調査に行って来ました。取りあえず落ちギスが期待出来る都志漁港に向かい1時間半で現地に到着すると広い護岸に車が2台止まっており既に釣られている方も居られました。北西の風が強く結構寒く感じるので、暫く車中でコーヒーを飲みながら明るくなるのを待ちました。

 夜明けと共に引き釣りを始めますが、全く何のアタリも無く2時間が経過しました。隣にキス釣りの方が来られ引き釣りを始められました。私も更に1時間引き続けましたがアタリが無く移動する事にしました。都志が駄目なら近場の鳥飼と言う事になりますが、都志が全く釣れないようでは鳥飼も期待出来ませんが新港と旧港のキス調査をする事にしました。

 鳥飼新港に到着して引き釣りを始めると数投目で潮が動き始めて、やっと18センチのキスが釣れました。更に数投目で強いアタリを捉え22センチのキスに続き20センチのハゼとワタリガニが釣ました。その頃に都志に居れた方も移動して来られたので都志での釣果を聞くと数匹釣れた後は風が強くなり鳥飼に来られたようです。暫く引き続けましたが、アタリは無くなったので、少し旧港の様子を見に行く事にしましたが、旧港でも5投引いてチャリコが1匹と厳しいものでした。

 既に正午が近づき富島で探るか東浦へ戻るか悩みましたが、久しぶりに浦港のマイホイントをラストする事にしました。浦港内のマイポイントは、2ケ所あり風の方向により決めてますが、港内につき漁船の出入りに注意が必要です。釣り始めた頃から潮が込み始めておりベストな状況でのスタートで数投目で20センチ程のキスが釣れました。

 更に潮が港内に入り始めたので今がチャンスと投入すると錘の着底と同時にキスのアタリがあり釣れるキスのサイズが大きくなり3投目のアタリは強烈で大き目のチャリコと思いましたが、久々の25センチの良型キスでした。その後も20センチ前後のキスが釣れ続く中で小指程のピンギスも数匹釣れました。

 港内への潮の入り込みが無くなると共にアタリが止まってしまい落ちギス調査を終了しました。

 当日の落ちギス調査の結果は、西淡都志港は全くキスが釣れなかったのですが、鳥飼新港にはキスが入り始めたようなので北西の風が吹き始めれば、都志港にも落ちギスが入り始めると思います。東浦方面は、潮が動く時合いに釣行すれば、キスは釣れると思いました。

 年内にもう1回淡路へ釣行したいと思います。

 

「釣 果」
キ  ス  15匹「8~25センチ」
ハ  ゼ   1匹「20センチ」
ワタリ蟹 1匹

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフTⅡ30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめキスイレグ10号赤「自作3本針」
ささめカレイイレグ8号赤「自作3本針」
【 餌 】
石ゴカイ

不調の淡路へ落ちギス調査 不調の淡路へ落ちギス調査
不調の淡路へ落ちギス調査 不調の淡路へ落ちギス調査