menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.393 まだいける タチウオ

カンパリ

2019.12.15UP

ナボツビ星人様からのユーザーレポート

サビキは足元では釣れなくなり、飛ばしサビキでカケアガリ狙い。

今年はアジの数が多く、明るいうちでもすぐに釣れだすが、サイズは15cm以下ばかり。ノマセ用に特に小さいサイズを3匹生かしておいたが、1匹でも充分だった・・・。

日没前からテンヤでタチウオ狙いにチェンジ。しかし、好調テンヤも3度まで。4度目の本日は1アタリのみ。ゴミに当たっただけかも。めったにしない下手なテンヤ釣りでは釣れる気がしないのでウキ釣りにスイッチ。

ウキに切り替えてすぐにアタリあり。こちらのペースでタチウオを走らせることができ、アワセも決まって、今期最高の根ガカリ感と引きを堪能!しかし、抜き上げは案外軽く、90cmほどのF4弱。よく引いたのでサイズを期待したのだが・・・。

その後、1時間ほどアタリなく、帰り支度をしていると、ウキが沈んでケミが横っ走りするのが見え視覚的に楽しませてくれる。これまたアワセも決まり、F3.5 1匹追加。

釣果写真撮影中に、ふとウキを見るとすでに沈んでいて、竿を持とうとするとにウキが浮いてきてそのままに。仕掛けを回収するとエサがなくなっていた。

帰る間際にもアタリあり。釣れそうなアタリのため、いつになく慎重にやり取りするが、糸を送り込む際に手に絡まり、中途半端なテンションがかかってタチウオにエサを離され終了。今回で今シーズンのタチウオ釣りは納竿するつもりだったが、最後でなんだかモヤモヤしてしまった。

帰り道、ちょっと寄り道をして友達がいそうなポイントに行くと、案の定、いてる。釣果を聞くと5匹とのこと。こちらは5回もアタリがなかったというと、友達は20回以上あったとのこと。カタクチ・マイワシが多数見え、時々ライズしている。友達は見ている間にタチウオを5匹追加してツ抜け!友達はそれでも「小さいタチウオが邪魔して針ガカリせん!」と不機嫌だった・・・。

今週前半は暖かい日が続き、風も吹かない予報なので、次の週末もタチウオは期待できそう!

ハンドルネーム : ナボツビ星人

釣行日 : 2019/12/15

天気 : 晴れ

気温 : 寒い

潮 : 中潮

時間 :

場所 : 尼崎〜芦屋

釣り方 : 飛ばしサビキ ウキ釣り テンヤ

釣果 :

タチウオ:2匹
マアジ:31匹 15cm以下

タックル :

ロッド:磯竿2号、3号
ライン:サンライン クインスター、PE1.2号+リーダーフロロ5号
ウキ :ハピソン ラバートップミニウキ
集魚灯:ルミカ パワー太刀魚イエロー
仕掛 :ささめ針 カン付チヌ(TCフッ素コート)
エサ :キビナゴ
タナ :2ヒロ固定

まだいける タチウオ
まだいける タチウオ
まだいける タチウオ
まだいける タチウオ
まだいける タチウオ