menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.415 海水温低下しキスの活性下がる

カンパリ

2020.04.06UP

OIDON様からのユーザーレポート

4月6日(月)釣友のMさんが早朝から東二見白灯台波止でカレイ狙いで釣行しており餌の石ゴカイを頼んでいたので娘を送った帰りに東二見に向かいました。
現地に着くと白灯台波止には平日にしては、大勢の釣人が来られてました。
センター外向けに5名の投げ釣り師が居られセンター内側には、地元の常連Sさんご夫婦がも居られたので、今日はどうですかと声を掛けると大物が釣れましたよとの事でスカリを上げて見せて頂くと45センチもあるキビレを釣られてましたので写真を撮らせて頂きました。
Sさんご夫婦は、播磨新島でも真鯛の70センチ超、ヒラメの60センチ超、アブラメの40センチ超と沢山の大物を釣られている凄いご夫婦です。
しかし今日は、本命のキスのアタリが無いとの事でした。
釣友のMさんが波止先端に居るので、お願いしていた餌を貰いに行き釣果を尋ねると今日はカレイも不調で30センチ程のフグが釣れるだけとの事でした。
私は波止先端まで来たので今日は先端から波止根元までキスを探りながら戻る事にし引き釣りを始める事にしました。
沖向け、内向けと引き釣りで探りますが、全くアタリが有りません。
少しづつ移動しながら波止中央付近のSさんご夫婦の横で当日初のアタリを捉え小型キスが釣れました。
その後も1匹追加したもののアタリが続かないので更に移動しながら引き続けて11時過ぎにアタリを捉えてまずまずのキスが釣れました。
直近釣行は、朝が可なり冷え込み日差しがあるものの北西の風が強く体感的には真冬並みの日が続きました。
当日も北風から南風に変わり強風が吹き始め波止上の釣人は一気に減ってしまいました。 
早く海水温が安定して欲しいものです。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/4/6

天気 : 晴れ

気温 : やや寒い

潮 : 大潮

時間 :

場所 : 東二見

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス 4匹「14~19センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ ニュートーナメントサーフT30-380「改」
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス8号「自作3本針」
【 餌 】
石ゴカイ
海水温低下しキスの活性下がる
海水温低下しキスの活性下がる
海水温低下しキスの活性下がる
海水温低下しキスの活性下がる