menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.423 播磨新島濁り酷く高砂港へ移動しました

カンパリ

2020.06.24UP

OIDON様からのユーザーレポート

6月23日(火)当日は9時に播磨新島に到着すると釣友のTさんが到着されて沢山の釣具を波止に降ろされて下ろされていました。

今日は、半夜で大物を狙われるんでしょう。

私も一緒に波止先端に向かうと何時も先端に居られる常連のNさんが少し手前の外向きに釣座を構えて居られました。

波止先端に行くと伊丹のAさんとキス狙いの方が数名居られ釣果を尋ねるもキスのアタリが無いようです。

普通は雨の濁りも無くなる頃ですがクレーン船の出入りが多く海水の汚れにも影響していると思われます。

これではキスが釣れる状況でないと判断しタックルを出す事無く高砂港へ移動する事にしました。

しかし時間は既に10時で直ぐに高砂港に移動し10時半に到着しました。

高砂港も海水の濁りは酷く茶色の潮と赤い潮が混じった状態で更ら波止先端から200メートル程沖で潜水調査をしており近日中に浚渫工事をするようです。

何時も東二見に釣行されている地元の男性も居られ釣果を尋ねるもテトラ上のポイントではキスは居るようですが波止際は、やはり濁りがありキスは釣れないとの事でした。

取りあえず白灯台から何時ものポイントに向けて引き釣りを始めますが、数投でピンギスが釣れましたが、良型キスのアタリが有りません。

昼前に沖から潮が入り始め少し濁りが解消し始めて少し強いアタリを捉え当日最大の19センチのキスが釣れました。

その後も引き続けるも20センチを超える良型キスのアタリを捉える事無く13時に納竿としました。

タックルを片付けている時に西向けのルアーの方が大物を掛けられたようで玉入れをされたので見ると大きなヒラメを釣られました。

ヒラメのサイズは、50センチ程で釣られた方は、Tさんと言う方で本当にお見事です。

本日の高砂港は海水の濁りと夕方のニュースで赤潮が発生しているとの事でした。

高砂港も海水の濁りが解消すれば釣果も期待出来そうです。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/6/23

天気 : 晴れ

気温 : やや暑い

潮 : 中潮

時間 :

場所 : 高砂港

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス 14匹「12~19センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフT2 405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス9号「自作3本針」
【 餌 】
青虫

播磨新島濁り酷く高砂港へ移動しました
播磨新島濁り酷く高砂港へ移動しました
播磨新島濁り酷く高砂港へ移動しました
播磨新島濁り酷く高砂港へ移動しました
播磨新島濁り酷く高砂港へ移動しました