menu

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.443 今日も播磨新島のキス調査

カンパリ

2020.09.18UP

OIDON様からのユーザーレポート

9月17日(木)午後から雨が降るようなので午前中だけ播磨新島へキス調査に向かいました。

現地に8時に着くと流石に釣人は少なく車も西端に止める事が出来て波止に降りて波止先端に着くと芦屋のYさんが釣行されてました。

Yさんは5時に来られたとの事ですが、朝からキスのアタリ無くチャリコとハゼの猛攻で厳しいようです。

播磨新島のキスは、潮の動きが無ければ数時間引き続けても全くキスのアタリを捉える事は出来ません。

私もタックルの準備をして潮の動きが無い中で引き釣りを始めますが、確かにチャリコとハゼのアタリは有るもののキスのアタリを捉える事が出ません。

西向けや沖向けを2時間程度探り続け赤ベラがダブルで釣れたもののキスのアタリは有りません。

10時頃に釣友のNさんが来られ数投でキスを釣られました。

私と芦屋のYさんは11時が近づいてもキスのアタリを捉える事無く釣友のNさんはパラパラとキスを釣られてます。

11時頃になんとか当日初のキスが釣れました。

正午には、早朝から釣行されていた芦屋のYさんはバイクで来られてるので、雨が降るまでに納竿されました。

Yさんが納竿された後に釣友のNさんが波止先端に移動すると潮が内側に入り始めキスのアタリが活発になり釣友のNさんは投げる度にキスのアタリを捉えて順調に釣果を上げ始めました。

私もパラパラとキスのアタリを捉えますが、Nさんのペースには追い付けません。

13時頃に私は予定があり納竿する直前に当日初の強いアタリを捉え慎重に巻上げたキスは丸々と肥えクーラーのメジャーで測ると今シーズン最大となる25センチのキスが釣れました。

今シーズンの播磨新島のキスは、長い冬眠期間が続き12日の釣行で良型キスが釣れ始め釣行の度に22センチから24.5センチのキスが釣れており当面の目標を25センチとしていたので当日は数は少ないものの今シーズン最大のキスが釣れ満足しました。

今後は更なるビックキスを狙って釣行したいと思います。

釣友のNさんも良型キスを順調に釣れ続けており更なるデカギスを目指して下さいと伝え私は納竿しました。

やはり数時間キスのアタリが無くとも潮が動き始めると正直なものでアタリ始めるので潮時を読んで効率よく釣行する事も重要と思います。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/9/17

天気 : 曇り

気温 : 快適

潮 : 大潮

時間 :

場所 : 本荘人工島

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス  7匹「15~25センチ」
ベ ラ  2匹「12~14センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフT2 405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめ競技キス9号赤 「自作4本針」
【 餌 】
青  虫

今日も播磨新島のキス調査
今日も播磨新島のキス調査
今日も播磨新島のキス調査
今日も播磨新島のキス調査
今日も播磨新島のキス調査