menu

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.453 久しぶりに東二見のキス調査

カンパリ

2020.10.14UP

OIDON様からのユーザーレポート

10月13日(火)10時頃に播磨新島へ行くも波止先端にキス釣り師が4名居られました。

当日も釣果を聞くまでも無く潮はベタッとして動いて無いようです。

釣友のNさんは、昨日のような渋い状況でも8匹のキスを釣られましたが、今日は全くアタリが無いようです。

早朝から来られて居るAさんも厳しいようです。

更に汚れも更に酷く私は繊維喪失しました。

海水の汚れが酷くてもキスが釣れておれば、頑張るのですが、連日の釣行でリールのラインローラーは固まってしまい温水で洗って556をさした位では回転不能となりメンテに出し内部の部品も交換する事しました。

暫く様子を見てましたが、昨日同様にキスが居ないと言う状況です。

当日は、キス釣り師も多いので東二見白灯台波止の根元で探る事にしました。

現地に着きタックルの用意をして、餌箱を出そうとクーラーを開けてビックリ餌を家に忘れてました。

これでは駄目だとタックルを片付けて自宅に戻りました。

家についたので昼食を食べてから出撃する事にしました。

結局14時に白灯台波止に着き橋の下から探り始めると1投目からアタリが有り15センチ程のチャリコが釣れ2投目も錘の着底と同時に

強いアタリで巻き上げる途中で左右に走り一気に巻上げるとカワハギとベラのダブルでした。

更に3投目も錘が着底すると強いアタリでチャリコのダブルでした。

その後もチャリコの活性が良く投入として少し巻くと直ぐにアタリがあり楽しませてくれますが、本命のキスの口に餌が届かないようです。

しかし何時までもチャリコのアタリが続く事はありません。

今がチャンスと引き釣りを続けていると、やっとキスらしき上品なアタリを捉え本日初のキスが釣れました。

更に引き続けますが、キスの反応は無く橋の下ポイントからテトラ側に移動すると即、強烈なアタリがあり15センチ超のチャリコのダブルてした。

何とかキスを追加したいと17時半まで引き続けましたが、釣れるのは、チャリコばかりで納竿としました。

当日は、15センチ前後のチャリコについては煮付けにしようと持ち帰りました。

しかし東二見はチャリコの活性が凄いと思いました。

海水の汚れは、釣り始めは播磨新島よりは可なりましと思いましたが、納竿の頃にはスプールの汚れは凄いものでした。

納竿前に地元の方が来られて海水の汚れの事を話すと東二見周辺や岩岡の方にある池の水を流しているので池に溜っている泥が海底に溜り長い間海水が汚れた状態になるとの事でした。

そう言われたら播磨新島だ潮が沖に出る込み潮の時に本来池や川にあるホテイアオイが大量に海面に浮いている事がありました。

さて海水の汚れの原因は、外国船がバランスをとる為に現地の海水を積んで来て港内で排出する汚れと言う説と大量のクラゲが腐敗して海水が汚れると言う説と工場から排出される汚水による濁りと本日地元の方に聞いた池や川からの汚れた泥による濁りと言う説です。

とにかく早く海水の濁りが解消する事を期待します。

ハンドルネーム : OIDON

釣行日 : 2020/10/13

天気 : 晴れ

気温 : やや暑い

潮 : 中潮

時間 :

場所 : 東二見人工島

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ   ス   1匹「17センチ」
チャリコ    8匹「~16センチ」
※釣れたチャリコは20匹を超えてました。
カワハギ    1匹「17センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフTⅡ 30-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめ競技キス9号赤 「自作3本針」
【 餌 】
青  虫

久しぶりに東二見のキス調査
久しぶりに東二見のキス調査
久しぶりに東二見のキス調査
久しぶりに東二見のキス調査
久しぶりに東二見のキス調査