menu

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.459 播磨新島のキスが復活

カンパリ

2020.10.25UP

OIDON KISU様からのユーザーレポート

10月24日(土)釣友のMさんに餌をお願いしていたので、釣行先の東二見へ立寄り餌を受取ってから当日は、キスが釣れなくなって半月を経過する播磨新島の様子を見に行きました。

流石に土曜日で播磨新島の釣人の数は何時も凄いです。

久しぶりの釣行の為に波止先端に向かう途中に折れる常連さんからキスも青物も釣れてないよと声を掛けられながら波止先端に向かいました。

当然キスの引き釣り師は居られませんが、播磨新島へ時々来られて置き竿をされている方が波止先端に1人おられました。

明け方から来られており私がタックルの準備をしている最中にキスを釣らたので僅かな期待をしながら準備が完了し1投目を引き始めますがキスのアタリはありません。

更に引き続け3投目で当日初のアタリを捉え18センチ程のキスが釣れました。

潮は、僅かに中へ入ってますが動きは少ないです。

しかし4投目からアタリが続いて、なんと8投連続でキスが釣れ1時間程度で10匹を超えました。

この頃には、何処へ投げてもキスが釣れると言う程のアタリが続き信じられない程でした。

その頃に釣友のKさんが来られて横で引き釣りを始められると行き成りダブル連発で僅かな時間で

10匹以上キスを釣られ本人も驚きの連発でした。

もうアタリも止まるだろうと思いましたが、数投毎にキスが釣れ続けました。

しかし潮が反転し始めた10時頃にはアタリも遠ざかり11時を過ぎ釣果も十分確保できたので、納竿としました。

釣友のKさんも此処でがんばろーか移動しようか悩んでおられましたが、気になるポイントの調査に移動されました。

10月9日以降全く釣れなかった播磨新島のキスが急に釣れ始めましたが、何時まで釣れ続けるのか楽しみです。

長く続いている海水の汚れも少し綺麗になり始めたようです。

ハンドルネーム : OIDON KISU

釣行日 : 2020/10/24

天気 : 晴れ

気温 : やや寒い

潮 : 小潮

時間 :

場所 : 本荘人工島

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ   ス    29匹「16~23センチ」
ガ シ ラ     1匹「14センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフT2 405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめビクトルキス8号「自作3本針」
【 餌 】
石ゴカイ
青  虫

播磨新島のキスが復活
播磨新島のキスが復活
播磨新島のキスが復活
播磨新島のキスが復活
播磨新島のキスが復活