menu

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.464 播磨新島のキス釣り

ユーザー

2020.11.06UP

OIDON KISU様からのユーザーレポート

11月2日(月)近場のキスが釣れなくなったので、遠征計画をする前に最終釣査のつもりで雨の播磨新島に釣行し2時間程度で14匹のキスが釣れたので、翌日11月3日(火)も釣行して思わぬ釣果に恵まれた。

現地に着いたのは、昨日同様に9時過ぎに着きましたが、流石に祝日で車も多く釣人も大勢居られました。

波止に降りて途中に居られる常連さんと話をしながら先端に向かうと先日お会いした大阪から来られて居るUさんが来られてました。

今朝も早朝に来られて朝から好調にキスが釣れ続いて笑いが止まらなかったようです。

私も直ぐにタックルの準備をして当日は、4本針で挑み直ぐに単発でキスのアタリを捉え2連、3連と続きました。

直近の釣行でキスが釣れなくなっていたので、波止先端には私と置き竿をされている大阪のUさんだけでした。

10時頃に投げ釣り師が次々と来られ釣場は7人となりましたが全員竿1本のベテランの引き釣り師なので問題はありません。

しかし皆さんもタックルの準備をし引き釣りを始めますがアタリ無く朝の時合いが終わったようで時間だけが過ぎて行きます。

私も全くアタリ無く気が付くと2時間近く経過してました。

やはり今日の潮は午前中が時合だったのだろうと思いながら引き続け忘れた頃にパラパラと釣れる程度です。

後から来られた方はアタリが無いので次々と移動されて一気に私と釣友のMさんだけになり引き続けますが、更に1時間以上アタリは無かったのですが、16時前になりアタリが出始めてると約1時間日没前までバコバコタイムに突入し2連、3連、4連とアタリが続けました。

大勢で引き続けても全くアタリが無いのに潮が動き始めると一気にアタリ始めました。

やはり播磨新島のキスは、潮が動けば釣れますが、潮の動きが無い時には、数時間引き続けてもキスは釣れません。

本当にキス釣りは難しいです。

「釣 果」
キ  ス  33匹「16~22センチ」

【 竿 】
ダイワ トーナメントサーフT2 405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめ競技キス9号赤 「自作3本針」
【 餌 】
青  虫

播磨新島のキス釣り 播磨新島のキス釣り
播磨新島のキス釣り 播磨新島のキス釣り