menu

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.466 午後から江井ヶ島へ落ちギス調査 169

カンパリ

2020.11.11UP

OIDON KISU 様からのユーザーレポート

11月9日(月)ラスト調査で播磨新島に午前中釣行するも全くアタリ無く2時間経過し撃沈しました。

本当に今シーズンの播磨新島のキスは前日に爆釣するも翌日は全くキスのアタリが無い事が9月から2回ありました。

東二見方面のキスも昨年同様に落ちギスが釣れる兆しが無いので、例年11月10日頃に落ちギスが釣れ始める江井ヶ島方面に10日午後から調査に行きました。

江井ヶ島は、例年落ちギスが入り込むまでは、込み潮時がベストとなるので当日は13時から落ちギス調査に行きました。

当日は、北側に東二見釣行等で良くお会いする豊中のRさんが居られたので釣果を聞くと数匹釣られているとの事でした。

南側に2人の釣人が居られたので様子を見に行くと1人の方が納竿されたようでセンターに若い方が1人だったので今シーズンは南側に入った事が無かったので今回は南側でキスを探る事にしました。

隣の若い方は、近くの方のようで、この時期に釣行して良型キスを釣られて今年も、そろそろ落ちギスが釣れる頃なので釣行されたようです。

しかし当日は昼頃に来られたようですかアタリは有るものの掛かりが悪いと言われてました。

当日は、正面の波止に釣人が居られ1本竿で引き釣りをされてますが、左右広い範囲を探られてるので投げる方向を見定めて投げないとラインが絡んでしまいます。

誰でも同じですが、アタリが無いと左右遠近と探りたくなりますので、先に来られて居るので終始投入方向を見ながら注意して投げるようにしました。

それが良かったのか今回も1投目から18センチ程のキスが釣れ5投目までにキス2匹と大きなハゼが釣れました。

その後は、アタリが遠ざかり半時間1匹ペースでキスとハゼがパラパラと釣れる程度でした。

16時頃に近場の若い方が納竿されて入れ違いに来られた垂水の男性が僅かな時間で良型キスを3匹連続で釣られました。

話をすると何時もカンパリのキス投稿を見られて釣行されていると聞き嬉しく思いました。

16時を過ぎに風が強くなり可なり冷えてきたので4名居た釣人は3名共に納竿されましたが、潮がどんどん入ってきて最高の時合いと思いラスト3投だけ投げて、当日最大となる21センチのキスを追加し納竿としました。

当日の釣行で感じたのは、何時も今の時期に釣行して釣れるキスのサイズが小さいと感じましたが、今週末の大潮あたりにはデカギスが釣れ始める事を期待したいと思います。

※詳しくは、ライブドアブログ「OIDON KISU」をご覧下さい。

ハンドルネーム : OIDON KISU 

釣行日 : 2020/11/10

天気 : 晴れ

気温 : やや寒い

潮 : 長潮

時間 :

場所 : 江井ヶ島

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス 8匹「16~21センチ」
ハ ゼ 5匹「15~20センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ キャスティズム23-365「改」
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンPE サーフビート投1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめ競技キス9号赤 「自作2本針」
【 餌 】
青  虫

午後から江井ヶ島へ落ちギス調査 169
午後から江井ヶ島へ落ちギス調査 169
午後から江井ヶ島へ落ちギス調査 169
午後から江井ヶ島へ落ちギス調査 169
午後から江井ヶ島へ落ちギス調査 169