menu

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.500 播磨新島のキス調査

カンパリ

2021.06.02UP

OIDON KISU様からのユーザーレポート

6月1日(火)昼前に自宅を出て播磨新島のキス調査に向かいました。

流石に昼になれば車も少なく久しぶりに車を西端に止める事が出来ました。

直ぐに波止に降りると大物釣り師さんの飲ませの竿が並んでます。

今回も餌のアジが釣れないので飲ませ釣りの方は困っているようです。

更に波止中央あたりで大物釣り師のMさんが居られ大きなブリを釣られたようで写真を撮らせて頂きました。

波止先端に着くと常連さんが居られ今日は朝の時合いで良型キスが釣れたようですが、今はアタリが無いとの事でした。

半時間程でキスポイントには私1人となり引き釣りを始めると直ぐに20センチの良型キスが釣れましたが後が続きません。

1時間程すると次々と釣り師が来られますがキスのアタリはパラパラしか有りません。

潮も動かないし海面にはエイの群れが何度も通りサビキ釣りの方のサビキに掛かり切られてしまいます。

私もキスの引き釣り中に針がエイに掛かり可なり頑張りましたが、最後にブチと針が折れてしまいした。

当日は、エイの往来が激しく竿を手から離せない状況でした。

15時頃に潮が少し動き出し当日最大の21センチのキスが釣れました。

当日は釣友Tさんも来られキスを釣り始め17時頃に強いアタリを捉え23センチのデカギスを釣られました。

その後は、潮が動かずアタリが遠のき17時頃に釣友が次々と納竿されました。

私は18時まで頑張りキス1匹追加し納竿しました。

播磨新島のキスは活性が上がってきましたが、やはり潮が動かない時はアタリも無く厳しい状況が続きますが、潮が動けば20センチ超のキスが釣れ始めるので今後に期待したいと思います。

※詳しくは、ライブドアブログ「OIDON KISU」をご覧下さい。

ハンドルネーム : OIDON KISU

釣行日 : 2021/6/1

天気 : 晴れ

気温 : 暑い

潮 : 小潮

時間 :

場所 : 本荘人工島

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ    ス 9匹「9~21センチ」
メイタカレイ 1匹「14センチ」

タックル :

【 竿 】
ダイワ マスタライズキスH25-405
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンSAMON PE×4 1.5号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめ競技キス9号赤 「自作3本針」
【 餌 】
青虫

播磨新島のキス調査
播磨新島のキス調査
播磨新島のキス調査
播磨新島のキス調査
播磨新島のキス調査