menu

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.516 境水道釣行Ⅱ

カンパリ

2021.06.23UP

oidon kisu様からのユーザーレポート

6月22日(火)直近釣行で近場の良型キスが全く釣れないので今シーズン2回目の境水道へ釣行しました。

今回の境水道釣行は4時に自宅を出て島根県側のポイントに8時に到着し6時間キスを探り直ぐに帰ると言うハードな釣行でした。

車の運転時間往復8時間以上で釣行時間が6時間程なので勿体ない気がします。

釣場に到着した時は、潮が底から込みに変わる時間だったので1投目から活発なアタリが続き1時間程で10匹程のキスが釣れました。

20センチを超えるキスは1匹でしたが22センチの青ベラや磯ベラの強烈なアタリを楽しませてくれました。

投入して錘が着底し巻き始める直ぐにコッと小さなアタリが有り15センチ前後のキスが釣れる状態が続きますが、島根県側のポイントは底が荒く今は海面にホンダワラ等の海草が10メートル程沖まで一面に広がっているのでベラは口が硬いので外れ難いですがキスは殆んど外れてしまいます。

それでも沢山のキスが釣れてますのでキスの活性は可なり高いようです。

当然、錘も浮き上がりの早い改造錘を使用し仕掛けも1ヒロで2から3本の針を付けて釣ら無ければ錘や仕掛けを次々ロストします。

近年は25センチを超えるキスが少なくなり中々尺ギスは釣れませんが、29センチまでの大きなキスが釣行の度に釣れたものです。

午後から2ケ所の調査をしましたが、2ケ所共にアタリは頻繁にあるのですが満足出来るサイズのキスが釣れないので14時に納竿しました。

境水道に釣行した際は、帰りにイオンの敷地内にある新鮮市場へ寄って寿司や天ぷら果物等をよく買うのですが当日はシーズン初のスイカを購入しました。

今回の境水道までのルートは往復共に佐用インターから鳥取経由で無料の山陰道を利用したので高速料金は安く上がりましたが私は中国道から米子道の方が道が広く走り易いと感じました。

今回の釣行でストレスを解消出来ると思いましたが、良型キスが全く釣れずに更にストレスがたまりました。

しかしながら境水道のキスは何処を探ってアタリが有り魚影の濃さに驚きます。

※詳しくは、ライブドアブログ「OIDON KISU」をご覧下さい。

ハンドルネーム : oidon kisu

釣行日 : 2021/6/22

天気 : 曇り

気温 : やや暑い

潮 : 中潮

時間 :

場所 : 境水道岸壁

釣り方 : 投げ「引き釣り」

釣果 :

キ ス 25匹「12~20センチ」
ベ ラ  4匹「15~22センチ」
※磯ベラ多数

タックル :

【 竿 】
魚心観 ベロン395
【リール】
シマノ キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセンSAMON PE×4 1.5号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめ競技キス9号赤 「自作3本針」
【 餌 】
青虫 石ゴカイ

境水道釣行Ⅱ
境水道釣行Ⅱ
境水道釣行Ⅱ
境水道釣行Ⅱ
境水道釣行Ⅱ