menu

  • ボウズのがれ

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.225 境水道のキス釣り

2018.04.20UP

T.M.444様からのユーザーレポート

 4月19日は島根県松江市境水道の森山岸壁に釣行いたしました。

  岸壁西端の反転流狙いで釣り座を構え、75m付近の根の隙間のポイントに3本置き竿で青虫を半分に切って2本チョン掛けにします。 10時30分頃の下げ潮が緩みにかかった頃、25cmを筆頭に計6匹の釣果です。 1本竿で引いたほうがサイズはやや落ちますが、数は伸ばせそうです。 置き竿で狙う際も投げっぱでなく時折誘いをかけたほうがヒトデや巻き貝等回避できます。 境水道はシモリ根が多く潮の流れが速いので難易度は高いのですが置き竿、引き釣りどちらのスタイルでもそれなりの釣果を得ることができるので、サーフ開幕前のGWの釣行に如何でしょう?

  仕掛けと鉛、力糸は多目に持参することをおすすめします。

 

仕掛け(置き竿)

針 ①ササメ 大キスS

   ②カン付き丸セイゴ13号

以下いずれも

ハリス 4号

モトス 7号

装飾 夜行玉 2本針

 

 ササメの上記2点の針は針先が鋭く、キスはもちろんカレイ、スズキの口にしっかり掛かり、シモリ根にひっかけても針先の鋭さは衰えません。 置き竿大物釣りの定番として愛用させてもらっています。

境水道のキス釣り 境水道のキス釣り
境水道のキス釣り