menu

  • ボウズのがれ
平成30年7月豪雨についてお見舞い申し上げます。

USER REPORT ユーザーレポート

Vol.234 淡路島志筑周辺でキスが釣れ始めました

2018.05.22UP

OIDON様からのユーザーレポート

 今年は、冷えこみが厳しくて地元の播磨新島周辺や淡路島のキスの活性が上がりませんでしたが、5月中旬からやっとキスが釣れ始めたようです。

 16日に釣り倶楽部の会長が淡路志筑へ釣行し、良型キスが釣れ始めたとの情報が入り20日に釣行しました。 当日は現地に4時には到着する予定でしたが、寝過ごしてしまい5時半の出発となってしまいました。 自宅から約1時間で志筑に到着すると志筑護岸中央から北端まで作業船が停泊しており引き釣りをする場所が僅かしかありません。対岸の砂積場には流石に日曜日なので多くの釣人が居られました。 取りあえず引き釣りを始めましたが、1時間以上全くアタリ無く志筑川護岸波止へ移動しました。 志筑川護岸波止先端では、数投でアタリがありジャスト20センチのキスが釣れその後強烈なアタリがあり期待して巻上げるとチャリコのアタリでした。 更に1時間程度引き続けるもテカミが釣れ始め小型キスのアタリも有りません。

 時間は既に9時半となり潮も満潮になったので、このまま粘ろうかと思いましたが、津名バス停波止先端に釣人が居られなかったので、直ぐに移動する事にしました。 こんな時間に先端に釣人が居られないのが不思議ですが、今シーズン初めての津名バスターミナル波止での引き釣りです。 津名バスターミナル波止は、トイレや飲み物の自販機もありファミリーでの釣行も多くて中々先端に釣座を構える事は難しい場所です。 日曜日の10時にポイントに入れた事はラッキーなので気合いを入れて引き釣りを始めました。 2投目で、まずまずのアタリを捉えて幸先良く18センチのキスが釣れ1時間程度で21センチとピンギスを4匹追加しました。 暫くアタリ無くテカミやテンコチが釣れ始めピンギスのアタリも無くなり10匹釣れたら納竿と決めて引き続けていると潮が動き始め潮目が発生したので直ぐに潮目に投入し引き始めるとゴゴーンと強烈なアタリで本日最大の22センチの丸々したキスとピンギスがダブルで釣れました。 その後も納竿の13時までパラパラとキスを追加する事が出来ました。

 前回釣行より少しづつキスの活性が上がってきたように感じる釣行でした。

 

釣果

キス16匹「ピン~22センチ」

【 竿 】

ダイワ スカイキャスター 27-405

【リール】

シマノ キススペシャルCE

【道 糸】

ゴーセン 砂紋PE1.2号

【モトス】

ゴーセン ホンテロン3号

【ハリス】

ゴーセン ホンテロン1.5号

【仕掛け】

ささめ キスイレグ9号赤「自作3本針」 ささめ ビクトルキス9号「自作3本針」

【 餌 】

石ゴカイ「1匹付け」

淡路島志筑周辺でキスが釣れ始めました 淡路島志筑周辺でキスが釣れ始めました
淡路島志筑周辺でキスが釣れ始めました 淡路島志筑周辺でキスが釣れ始めました