menu

  • ボウズのがれ

USERREPORT FORM ユーザー釣果投稿完了

釣果投稿フォーム::送信完了

投稿ありがとうございました。

1 / 11
Vol.238 キスが釣れました

2018.06.18UP

スパイカ-様からのユーザーレポート

 田植えも無事終わり、気が付けば六月も半分となり、大キスのチャンスを逃さないよう、6月15日金曜日に小浜市のマイポイントへ出撃しました。既に梅雨入りし天気予報は曇りで昼からは降水確率が高く北風も強いとのことなので午前中が勝負と現地に5時35分に到着、さっそく攻撃を開始しました。今回は気合の入った、大キス狙いなので、いつもより大きめの針を選択しました。竿は405のDXの濃紺色、道糸0.6号PE 仕掛けは久しぶりに競技キスSP「キス引き釣りスペシャル8号」の5本針仕掛です。一投目から着底して二巻でコツンとアタリ、少しステイ後はっきりとしたアタリを捉え20㎝18㎝のダブル、7時半まではMAX23㎝を含みエエ感じで14匹釣れました。その後、ヒイラギやフグが増え、キスのアタリが無くなり北風が強く波が高く足場が狭くなってきたので移動を決断。小浜新港へ移動し、正面からの風が辛かったけど4色付近を丁寧にさびき、キスのアタリを楽しみました。昼前には一段と風が強くなり小雨も混じり寒くなってきたので12時に納竿としました。釣果は22匹で重量965gでした。今回は遊動仕掛けでしたが「SASAME競技キスSP」はスッポ抜けや針ハズレがまったく無く、確実にキスを届けてくれました。

 大キスは釣れませんでしたが、楽しいキス釣りでした。6月は大キスのチャンス月間なので、たくさんのドスコイギスや尺ギスを釣りたいなー。

キスが釣れました キスが釣れました
キスが釣れました キスが釣れました
Vol.237 唐津湾のキス

2018.06.06UP

こばちゃん様からのユーザーレポート

 6月最初(梅雨入り後初)の釣行です。水温も上がってきて数釣りに期待ですが勿論、型も見たいところです。

 この日(3日)は長男と妻の3人での釣行です。午前2時からの夜釣り(置き竿)からで、仕掛けは、大キスMと改良カレイイレグ13号を使った2本針(自作)です。最初のポイントは仮屋湾ですが、引き潮のためもあるのか2ケ所を試しましたが全然ダメでキチヌとフグに遊ばれ場所移動。  

 次は、実績のある唐津湾でまずは唐津城の下にある波止場です。ここでも夜が明ける前は置き竿で狙いますが、小型が多く、ウミヘビにももてあそばれ我慢の時間が続きます。夜明け頃よりは引き釣りに変更し、やっと20cm前後のアタリを捉え、ここからと思いキャストに力を込めます。5:30頃、長男が「良いアタリ」と言い、釣り上げたのはこの日最長寸となった26.5cmの良型、丸々と太っていました。しかし、アタリは続かず、唐津湾内で再度、場所移動。

 ここでも、ピン鱚が多いものの25cm前後数匹を追加し、暑くなった12:00に納竿。ピン鱚(針掛かりのいいのはリリース)が多く総匹数はカウントしてませんが20cm以上が20匹ほどでした。 ピン鱚に遊ばれる時期になりましたが、早朝を中心にまだまだ型を狙いに出かけます。

 帰宅後、調理したところ、脂乗りの良い鱚がほとんどで、刺身、フライで美味しく頂きました。明日は、南蛮です。

 

当日の仕掛け

置き竿

大キスM・改良カtレイイレグ13号 2本針  

引き釣り

SASAME競技キスSP(8・9号)4、5本針(自作) アスリートキス(8号)5本針(自作)

※当日はSASAME競技キスSPの方が針乗りが良かったです。

唐津湾のキス 唐津湾のキス
Vol.236 完全フカセ2

2018.06.06UP

TERASU様からのユーザーレポート

釣行日:2018年6月2日(土)

釣行時間:AM5:30~PM12:00

釣行場所:水橋

天候:晴れ

潮:中潮

釣果:マダイ1匹 クロダイ2匹 キジハタ1匹 カサゴ4匹

 

 五月同様完全フカセに行きました。ところがどっこい、全然潮が流れず、何の当たりもなし!餌も取られません。今日はだめかと思いましたが、午前9時ごろになるとようやく緩い潮の流れが。その途端に黒鯛が釣れました。 最大42CMでその後30CM前後のクロダイ追加。父が真鯛とキジハタを釣りました。カサゴはハオコゼサイズのミニカサゴばかりで全部リリースしました。 潮の流れが緩かったせいか、アジ、サバ、フクラギは一匹も釣れず終いで少し寂しい釣果となりました。

完全フカセ2 完全フカセ2
Vol.235 キスが釣れました

2018.05.28UP

スパイカー様からのユーザーレポート

 来週から田植えなので5月25日金曜日にドスコイ狙いで前回新規開拓した福井県小浜の磯場に挟まれた小さな砂浜へ出撃しました。

 天候は晴れ、ほぼ無風の追い風、海水温は18度、気温は17度から29度で11時満潮、波はざわつき釣れそうな感じで、6時55分から攻撃を開始しました。今回の装備は、尺ギス狙いの置き竿として365のCX+の黄色に遊動天秤25号、鈎は中本嗣通SPECIAL「大キスS」2本鈎、引き釣りは竿365のDXのオレンジ、道糸0.8号PE 鈎はもちろん「ビクトルキス6号」50本連結の5本鈎仕掛です。特に今回は、固定天秤25号を初めて使用しました。いつもはダイレクトにアタリを捉え道糸を走らせグイーン!と竿を引き込む遊動天秤を使用してますが、前回まで鈎掛かりしないケースがあったので一度、固定天秤を試してみようと思いました。一投目から70m付近に投げ込んだ置き竿のドラグが連続して逆転し20㎝のキスを取り込みました。今日は調子いいなーと思ったのも最初だけ、その後は置き竿も引き釣りもキュウセンやフグばかりで場所移動を考えました。フグに鈎を3本切られ、新しいビクトルキス5本鈎仕掛に換装し投げ込んだ、ちょうど9時、コン!と前アタリしばらくステイし、またコクン!3回目のコンで「ピンギス3連でもエエか」と巻き上げると、藻が掛かったように重く時々グイグイと締め込み、21㎝を先頭に20㎝クラスの3連でした。その後は5色120m付近で本日一番の24.5㎝から20㎝前後が連もまじり、置き竿にも23㎝がドラクを鳴らして釣れ続きました。昼12時を過ぎると急にアタリが遠のきアタリがあっても13㎝クラスとサイズダウンしだしたので納竿としました。

 固定天秤は確かに鈎掛かりが良いように感じました。しかし私的には遊動で飲み込ませてダイレクトにアタリを捉える方が楽しいかなと思いました。6月は大キスのチャンスです、たくさんのドスコイギスや尺ギスを釣りたいなー。

キスが釣れました キスが釣れました
キスが釣れました キスが釣れました
Vol.234 淡路島志筑周辺でキスが釣れ始めました

2018.05.22UP

OIDON様からのユーザーレポート

 今年は、冷えこみが厳しくて地元の播磨新島周辺や淡路島のキスの活性が上がりませんでしたが、5月中旬からやっとキスが釣れ始めたようです。

 16日に釣り倶楽部の会長が淡路志筑へ釣行し、良型キスが釣れ始めたとの情報が入り20日に釣行しました。 当日は現地に4時には到着する予定でしたが、寝過ごしてしまい5時半の出発となってしまいました。 自宅から約1時間で志筑に到着すると志筑護岸中央から北端まで作業船が停泊しており引き釣りをする場所が僅かしかありません。対岸の砂積場には流石に日曜日なので多くの釣人が居られました。 取りあえず引き釣りを始めましたが、1時間以上全くアタリ無く志筑川護岸波止へ移動しました。 志筑川護岸波止先端では、数投でアタリがありジャスト20センチのキスが釣れその後強烈なアタリがあり期待して巻上げるとチャリコのアタリでした。 更に1時間程度引き続けるもテカミが釣れ始め小型キスのアタリも有りません。

 時間は既に9時半となり潮も満潮になったので、このまま粘ろうかと思いましたが、津名バス停波止先端に釣人が居られなかったので、直ぐに移動する事にしました。 こんな時間に先端に釣人が居られないのが不思議ですが、今シーズン初めての津名バスターミナル波止での引き釣りです。 津名バスターミナル波止は、トイレや飲み物の自販機もありファミリーでの釣行も多くて中々先端に釣座を構える事は難しい場所です。 日曜日の10時にポイントに入れた事はラッキーなので気合いを入れて引き釣りを始めました。 2投目で、まずまずのアタリを捉えて幸先良く18センチのキスが釣れ1時間程度で21センチとピンギスを4匹追加しました。 暫くアタリ無くテカミやテンコチが釣れ始めピンギスのアタリも無くなり10匹釣れたら納竿と決めて引き続けていると潮が動き始め潮目が発生したので直ぐに潮目に投入し引き始めるとゴゴーンと強烈なアタリで本日最大の22センチの丸々したキスとピンギスがダブルで釣れました。 その後も納竿の13時までパラパラとキスを追加する事が出来ました。

 前回釣行より少しづつキスの活性が上がってきたように感じる釣行でした。

 

釣果

キス16匹「ピン~22センチ」

【 竿 】

ダイワ スカイキャスター 27-405

【リール】

シマノ キススペシャルCE

【道 糸】

ゴーセン 砂紋PE1.2号

【モトス】

ゴーセン ホンテロン3号

【ハリス】

ゴーセン ホンテロン1.5号

【仕掛け】

ささめ キスイレグ9号赤「自作3本針」 ささめ ビクトルキス9号「自作3本針」

【 餌 】

石ゴカイ「1匹付け」

淡路島志筑周辺でキスが釣れ始めました 淡路島志筑周辺でキスが釣れ始めました
淡路島志筑周辺でキスが釣れ始めました 淡路島志筑周辺でキスが釣れ始めました
Vol.233 チヌとキス

2018.05.21UP

こばちゃん様からのユーザーレポート

 5月の釣行です。GWに久々に次男が東京から帰省して、大物狙いに行きたいというので長崎県鷹島に夜釣りに行きました。

 初日、がAM6:00に次男に当たりがあり足元まで寄せてくると50cm前後の真鯛が釣れましたが、タモ入れ直前でまさかの針外れ・・・・ゆうゆうと帰っていきました。それを経験した次男は明日リベンジとのたまいます。そのため、久々に「サーフ真鯛(L)」を出してきた2日目、朝まで海ケムシばかりで、妻がトイレと言うもんですから道の駅まで連れて行って波止まで帰ってくると次男がほうけております。聞けば、大当たりがあり合わせたのだが、止められなかったとのこと。何も出来ずに高切れ(PE1号の道糸だったから)・・・・。直後に51cmのチヌを楽々取り込んだ次男は、こんなもんではなかった。(何だったのか)

 GWが終わりいつものように妻と2人でキス狙いに出かけました。ですが、昨年のポイントに出かけても小型ばかり、型物が出ません。それでも25cmをキープしましたが昨年より水温上昇が早いのか、小型が多くなりました。(リリースばかりです。)

 型物が釣れたらまたレポートします。

 

当日の仕掛け   

引き釣り

SASAME競技キスSP(8・9号)4、5本針(自作) アスリートキス(8号)5本針(自作)

置き竿

サーフ真鯛(L)、改良カレイイレグ13号、大キスL・M

チヌとキス チヌとキス
チヌとキス
Vol.232 弓ヶ浜のキス釣り

2018.05.18UP

T.M.444様からのユーザーレポート

 5月17日は鳥取方面へキス(投げ釣り)に行って参りました。

 まずは日吉津海岸にて竿を出すもシーズンの走りにありがちなアタリはあっても針に乗らずという喰い渋りの状況で、そのまま引いても素針の連続でアタリがあったらやや送り込み、確実に1~2匹を取っていきました。

 キスは釣れるものの効率が悪いので弓ヶ浜へ移動します。 弓ヶ浜は先ほどの日吉津海岸と違い、投げてリールサビキでガンガン掛り、サイズも20㎝クラスの産卵前のいい引きを体感させてくれました。

 ポイントは5~3色、4~3色前のかけ上がり周辺の魚影が濃くピンから20㎝クラスとよく掛り、ここでは送り込みとかいらずアタリがあっても問答無用で引き続け、多点掛け時回収時のありがたい重みを感じ取れます。珍しくメゴチも結構混じりました 。

 5回程度投げたら移動もしくはやや左右に振って投入すると途切れることなく数を伸ばせそうです。 6月に入るとサイズはやや落ちるものの、時折20~25㎝が出るのも弓ヶ浜の魅力で、束釣りも経験しており天候次第では今後も期待が持てそうです。

 また、テトラポットもなく砂浜の起伏変化もパッと見わからないので遠投と攻略どちらも楽しめる浜だと思います。

 

日吉津海岸 9匹 弓ヶ浜 33匹  シロギス 5~21㎝ 計42匹 他 メゴチ10匹程度

 

仕掛け

針    ササメ アスリートキス6号

ハリス  ホンテロン0.8号 先端のみピンク1号

モトス  フロロカーボン2号 鉛から1本目の針まで155㎝ 針間隔27㎝ 枝ス3㎝ 5本針

天秤   自作湘南天秤

鉛    フジワラ弾丸27号

 

アスリートキスについて

吸い込みが良い形状をしており、喰い渋りややや活性が高い状況にて有効。 高活性時の高速リールサビキにはちょっと向かないが、少し速度を落として1匹づづ針に乗せるイメージで攻めれば針の数だけ乗ることも多いです。 6号辺りが扱いやすく、そこそこのフィールドに対応でき、吸い込みも良い形状なので、投げ釣りの経験が薄い人や針に乗せるコツが今一つな方にはおすすめできると思います。

弓ヶ浜のキス釣り 弓ヶ浜のキス釣り
弓ヶ浜のキス釣り
Vol.231 キスが釣れました

2018.05.14UP

スパイカー様からのユーザーレポート

 連休中は農業に専念したので5月12日土曜日は漁業に専念しました。今回はGoogle航空写真で小浜市周辺を偵察して、新規開拓の磯場に挟まれた小さな砂浜へ出撃しました。現地到着は午前6時45分、先行者が1名おられ状況をお聞きすると5色以遠で4色手前は根掛かり多発と教えてもらいました。端で釣らせてもらうと挨拶し了解を得て準備を始めました。天候は晴れ、ほぼ無風の追い風、海水温は15度、気温は13度から26度と釣れそうな感じでした。装備はいつもどおり竿365のCX+の黄色、道糸0.8号PE 錘は27号の遊動 針はもちろん「ビクトルキス6号」50本連結の3本針仕掛で7時過ぎから攻撃を開始しました。5色以遠と聞き、自分にとっては射程圏内ギリギリで探れる範囲が狭く苦労し、7時40分にようやく120m付近でアタリを捉え20㎝を捕獲しました。状況が把握できていないので、その後2回続けて力糸以下をロスト、あきらめて場所移動を考えましたが、新規開拓のため徹底的に調査することとしました。ある程度竿さびきができるポイントが定まり丁寧に、かすかな前アタリを捉えじっくりとステイ、1分近く待つと、グイーン!と竿を引き込むパターンで、満潮の潮止まりまで20㎝から23㎝の型揃いとなりました。しかし合計6ロスト、(内2セットは力糸以下回収)時間当たり2匹のスローな釣果でした。総数は12匹と少なかったけど9匹は20㎝程度以上で10匹選抜の重量が690g、強い引きとキスらしい締め込みを楽しむことができました。6月になると尺が出そうな大変期待できる楽しみで満足した新規開拓でした。今から大型狙いのチャンスかな?「ビクトルキス6号」50本連結の3本針仕掛で尺ギスやたくさんのドスコイギスを釣りたいなー。

キスが釣れました キスが釣れました
キスが釣れました キスが釣れました
Vol.230 完全フカセ&蜃気楼

2018.05.14UP

TERASU様からのユーザーレポート

釣行日:2018年5月12日(土)

釣行時間:AM6:00~PM15:00

釣行場所:水橋

天候:晴れ後曇り

潮:中潮

釣果:マダイ2匹 アイナメ3匹 アジ32匹 サバ6匹

 

2018年初投稿になります。何回か釣りには行っていたのですが釣果が思わしくなかったり、天候不順で出航できなかったりでようやくの投稿です。 中潮で満潮が午後12時一回のみでしたが、凄く潮が流れたおかげで、完全フカセで良型のアジが沢山釣れました。サバも大型で脂ものって美味しそう!アジ極太の10号が鋭く刺さってくれました。水深18mの所で釣りをしましたが、流れが速くて道糸を50m出しても引っかからず、60m付近まで落とすとアイナメが釣れました。マダイは20cm前後の小型の物ばかりなのでリリースしました。 釣りをしながら生地方面を見ると富山名物の蜃気楼が見えました。久しぶりの船釣りで釣果もよく、満足のいく釣行でした。

 

竿:LIGHT GAME BB M190

リール:SC小船 2000XH

道糸:トルネード 船 6号

ハリス:トルネード ベーシック船ハリス 3号

針:アジ極太(ケイムラ)10号

完全フカセ&蜃気楼 完全フカセ&蜃気楼
完全フカセ&蜃気楼 完全フカセ&蜃気楼
Vol.229 キスが釣れました

2018.05.01UP

スパイカー様からのユーザーレポート

 4月28日土曜日に、前日遅くまで飲み会でしたが、連休29・30日は苗代の準備で忙しくなるので、無理やり福井県小浜へキス釣りに出撃しました。

 今回はあまり知られていない小規模な防波堤で、ドスコイを狙える深場を選択しました。天候は快晴、気温20.2度、海水温15度と先週より下がっており、やや不安でした。出発が遅れたため現地到着が11時半と遅くなり、ポイントの正面にハッキリとええ感じで潮目が出ていました。焦りまくって、竿は365のCX+の黄色、道糸0.8号PE 錘は27号の遊動 針はもちろん「ビクトルキス6号」50本連結の3本針仕掛で準備を開始しました。先に潮目のど真ん中に投げ込んだ置き竿にさっそくトラグを鳴らし18㎝クラスが食いつきました。バタバタしながらようやく主砲で潮目の奥6色から釣査を開始し5色付近でアタリをキャッチし20㎝を捕獲しました。18㎝サイズが適度に掛かって来る中で、ドスコイらしい竿を引き込むアタリが3回ありましたがすべて素針でした。原因はアピールするためにゴカイを1匹掛けしていたので天ぷらサイズのキスは飲み込めなかったのかな?。その後は針いっぱいのサイズで投げ込み再度20㎝クラスを取り込みました。14時頃までは何かと反応がありましたが、アタリが遠のき少しずつポイントを変え遠近探りましたが群れが小さく時速1匹程度に減速しました。夕方の時合を期待しましたが状況は変わらず、撤収準備を始めた18時05分に置き竿のドラグが鳴り、キスではないが締め込んで、20㎝のカワハギが釣れました。これを最後に納竿としました。

 今回はドスコイが釣れず19匹総重量565gと中途半端な釣果となりました。キスシーズンは開幕しているはず?5月はたくさんドスコイギス釣りたいな- 尺ギスも釣りたいなー。

キスが釣れました キスが釣れました
キスが釣れました キスが釣れました
1 / 2412345...1020...最後 »